top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ライト文芸とは。ラノベ、一般文芸の違いは?代表作などおすすめ本も紹介

ホンシェルジュ

娯楽小説のジャンルとしてその地位を確立したライトノベルとも、一般的な文芸作品とも一味違う「ライト文芸」というジャンルがあることを知ってますか?この記事では、他のジャンルとの違いを解説したうえで、読みやすいのにストーリーも充実しているおすすめ作品を紹介していきます。

ライト文芸とは。ラノベ、一般文芸との違いも解説!

ライトノベルよりも世界観やキャラクター設定の非現実性が薄く、一般文芸よりも読みやすい文章で書かれている「ライト文芸」。読みやすくはあるもののストーリー性は高いため、ライトノベルの次に流行するであろうジャンルとして人気が高まっています。

ライトノベルは、その名のとおり一般文芸よりも手軽に読むことができるもの。ジャンルについての明確な定義はないですが、架空の舞台設定やキャラクター性の強さ、イラストレーションの挿絵が多く使用されていることなどが特徴としてあげられます。非常に読みやすいため、10代から20代の若い世代をターゲットにしている作品が多いのもポイントでしょう。

一方の一般文芸は、ストーリーと描写力が求められるジャンルです。文学性を持ったものも多いですね。年齢層はライトノベル読者と比べると高く、慣れていないと少し読みにくさを感じてしまうかもしれません。

ライト文芸というジャンルは、ライトノベルと一般文芸の良いところを組み合わせたものと考えてもいいでしょう。では一体どんな本があるのでしょうか。おすすめの作品を紹介していきます。

 

読んでおきたい!ライト文芸の人気シリーズ「ビブリア古書堂の事件手帖」

広告の後にも続きます

23歳で無職の大輔は、祖母の遺品である『漱石全集』に書かれた夏目漱石のサインが本物かを確かめるため、ビブリア古書堂を訪れます。入院しているという店主に会いに行くと、そこには美人ですが極度の人見知りの女性、篠川栞子がいました。

栞子は『漱石全集』のサインについて推理し、大輔はこの一件をきっかけにビブリア古書堂で働くことになるのですが……。

著者三上 延 出版日2011-03-25

ライト文芸の代表作のひとつで、漫画化やテレビドラマ化、映画化などのさまざまなメディアミックス展開をされた作品です。本作はシリーズの第1巻で、ビブリア古書堂で繰り広げられる数々の謎解きのはじめの一歩となっています。

主人公の大輔は、過去のとある経験のせいで、長時間本を読むことができません。小説を読みなれていない読者も、彼に感情移入しやすいのではないでしょうか。また作中で扱われる古書は、実際に存在するものばかり。本好きな人も苦手な人も、さらに興味が湧いてくるでしょう。

何といっても面白いのは、連作短編集になっていて、それぞれのお話に伏線が散りばめられていることです。最後に一気に回収されていくスピード感と驚きも含め、楽しめる作品になっています。

 

マジック×謎解き?新感覚青春ミステリー小説『午前零時のサンドリヨン』

  • 1
  • 2

TOPICS