独身時代のマンション購入 意識が高くなるのは年収500万円から・・・
独身時代のマンション購入 意識が高くなるのは年収500万円から・・・
どうせ家賃を払うなら、マンションを買った方がお得!──そう考えている若者が多いことが、スタイルアクト(東京)が実施した調査でかわった。同社では、独身者が自宅を購入することを「家活(いえかつ)」と称し…

 どうせ家賃を払うなら、マンションを買った方がお得!──そう考えている若者が多いことが、スタイルアクト(東京)が実施した調査でかわった。同社では、独身者が自宅を購入することを「家活(いえかつ)」と称している。その情報を公開する専門サイトを8月3日にプレオープンした。

 今回の調査は運営するウェブサイト「住まいサーフィン」会員のうち独身時代にマンションを購入した人が対象。83人がアンケートに答えた。

 まず、「何歳で購入したか」と聞くと、20~30代が62%と6割以上に。その理由として「家賃を払い続けるのが勿体ないから」という人の割合も高く、社会人になった早い段階から将来支払う金額を考えて購入準備を始めている様子となっている。

 また、独身時に自宅マンションを購入した人の年収や購入した際の自己資金についての質問では、年収が500万円~1000万円台が47%と半数近くになり、年収500万円で購入する意識が高まることがうかがえる。

 マンション購入時の自己資金は500万円以下が3割、資金援助は300万円未満が78%となっている。資金援助の300万円未満には「まったく援助を受けていない」という人も含まれており、購入者は貯蓄500万円、年収500万円で購入している人が多い様子だ。

(更新日:2018年8月8日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME