top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小説『羅生門』の意味をネタバレ考察!芥川龍之介が作品に込めた思いとは?

ホンシェルジュ

今でも根強い人気を誇り、高校生などの現代文の教材としても使われていたり、映画化されたりもする、芥川龍之介の代表作のひとつ、『羅生門』。今回はそんな本作のあらすじから作品に秘められた思い、名言までご紹介していきます。

小説『羅生門』あらすじ。解釈が難しい?

平安時代、災いが多発している京都の羅生門に下人が一人、雨が止むのを待っていました。

この当時京都は地震や火事、飢饉など災いが続き、そんな状況なので人々は金を稼ぐために仏像や仏具を砕いて金銀の箔を売るなど洛中はとても荒れていました。また引き取り手のいない死人を羅生門に捨てていくという習慣が出来たため、鴉が死人の肉をついばみにくるといったように羅生門は非常に気味の悪い場所でした。

そんな羅生門で雨宿りをしている 彼は今後、自分が生きていくためにも盗人になるしかないと考えているものの、その勇気がありませんでした。彼はこの一晩の寒さをしのぐため、羅生門の楼の上に行きます。そこには死体がゴロゴロ横たわっていましたが、その中に一人の死体から髪を抜く老婆がいました。 

下人は老婆を捕まえ、死体の髪を抜いていたワケを聞くのですが……。 

著者芥川 龍之介 出版日

『羅生門』誕生から受賞歴をご紹介!

 

広告の後にも続きます

『羅生門』はまだ芥川龍之介が無名だったころの大正4年(1915年)の11月に雑誌「帝国文学(1895年から1920年発刊)で発表されました。このとき芥川はまだ23歳の青年で、東京帝国大学英文科に入学してから2年後のことでした。

それから35年後の昭和25年(1950年)に巨匠黒澤明が同名の映画を製作し、ヴェネツィア国際映画賞金獅子賞とアカデミー賞名誉賞(のちのゴールデングラブ賞外国語映画賞)を受賞しました。

 

モデルは今昔物語!それぞれの違いは?

芥川龍之介の小説『羅生門』には実はモデルがあり、今昔物語の本朝世俗部巻第二十九、本朝付悪行の中にある『羅城門』と巻第三十一、本朝付雑事の中にある『売魚』をベースにしていると考えられています。

『売魚』は 男が羅城門に上って老婆に出会い、着物を奪い去って逃げるという大まかな物語の流れは同じです。『羅生門』と違う点は、男がもとから盗みのために上京してきたことや、老婆が髪を抜いていた死体が元は老婆の主人だった人物といった設定などがあります。 

また、『羅生門』の死体の女性の生きていたころの所業は『売魚』で書かれています。

  • 1
  • 2

TOPICS