top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子どもの声で読み聞かせ絵本をつくる!?有名な童話を自分で吹き替える絵本アプリ

ホンシェルジュ

2019年12月から配信が始まった絵本アプリ「みいみ」。昔から愛されてきた童話や、講談社やポプラ社、主婦の友社などの有名出版社の絵本が50冊以上配信されています。プロのナレーターによる読み聞かせ機能だけでなく、絵本の登場人物に自分の声や、子どもの声を吹き込める機能もついています。

世界で一つだけの絵本を作れるアプリを1ヶ月間無料で体験することができます。

この記事では、読み聞かせの効果やアプリの使い方を紹介します。

読み聞かせって子どもにとって大事!

 

読み聞かせが子どもにとって多くの影響を与えるのはご存知でしょうか。

その効果として大きいのは、読解力です。生後5年間の読み聞かせの機会によって左右されると言われています。読解力は国語などの文系科目だけでなく、算数の問題を理解するときに必要など、勉強をしていく上でとても大切な力になります。幼少期の読み聞かせが、のちの読書習慣につながり、子どもの読解力となっていくのです。

まだ文字の読み書きができなくても、読み聞かせで日常会話では得ることができない語彙を習得することができます。読み聞かせの習慣があった家庭と、習慣がなかった家庭では、就学前で3200万語の語彙の差がでるという研究結果もあるそうです。

また読み聞かせは、読解力だけでなく他者の感情を理解したり、自分自身の喜怒哀楽、集中力などを養います。
 

広告の後にも続きます

 

絵本を読む時間を大事にしよう

 

親子で絵本を読むことで、深いコミュニケーションをとることもできます。

読み聞かせをする時は自然と距離が近くなるため、子どもはむくもりや安心感、愛情を感じることができるます。そのため自己肯定感を養うことにつながるとも言われています。

読み聞かせる上では、親も感情移入して「読むことを楽しむ」のがポイント。子どもは親が本を楽しむ姿を見て、本へ親しみを感じることができます。

また、子どもは親の声を聞くと心が落ち着くという効果があるそうです。なかなか寝付かないときに、読み聞かせをするとリラックスして眠れることがあるとか。

  • 1
  • 2

TOPICS