ミスコン美女も実践する「お腹が凹む簡単エクササイズ」
ミスコン美女も実践する「お腹が凹む簡単エクササイズ」
  ミスコン世界大会出場モデルが憧れるメリハリのある美しい体をめざせ! 最近、パーソナルトレーナーをつけてマンツーマンで体を鍛える女性が増えている。   以前は大人数でのレッスンがメインだった大規模ス

 

ミスコン世界大会出場モデルが憧れるメリハリのある美しい体をめざせ!

最近、パーソナルトレーナーをつけてマンツーマンで体を鍛える女性が増えている。

 

以前は大人数でのレッスンがメインだった大規模スポーツジムでも、そんな女性たちの要望に応えるようにマンツーマンで指導するパーソナルトレーナーの充実を図る店舗が増えている。

 

「ミス学習院女子」や「ミスユニバース東京準グランプリ」に選ばれ、ミスコン世界大会にも出場。鉄道会社の広告モデルも務めるなど、健康的な美しさがまぶしい村上真優さんもその1人だ。

 

自己流ダイエットからパーソナルトレーニングに変えたことで、引き締まったボディラインを獲得。本来の美しさにさらに磨きをかける彼女だが、本格的にトレーニングに目覚めたきっかけは日本代表として出場した世界大会だったという。

 

「その当時の私の身体はただ食事制限でただ痩せていただけでした。でも、世界大会に出場する女性たちは誰もがほどよく筋肉のついたメリハリのある美しい身体でした。そんな曲線美のある彼女たちのボディラインを見て、『あんなふうになりたい!』って思いました」

 

友人の紹介でいくつかのジムを試した結果、村上さんがパーソナルトレーナーとして最終的に指名したのが仁科智博さんだった。

 

「独力で頑張ろうと思っても甘さが出るし、自己流だと間違ったやり方をしていてもわからない。仁科さんは優しすぎず厳しすぎず(笑)、自分の考えを一方的に押し付けるのではなく、こちらの体調や気持ちを自然に汲み取って、常に柔軟な対応をしてくれる点が信頼する大きな理由の1つです」

 

完全個室のパーソナルジム「Re:0」(リオ)の代表として、人気モデルや芸能人を多数指導し、現在は予約がなかなか取れない人気トレーナーの仁科さん。メリハリ美女をめざす村上さんへの指導法を解説してくれた。

 

「もともと手足が長くスタイルは良かったんですが、本人的にウエストとお尻の肉を気にしていたので、そのあたりの脂肪を適度に削るトレーニングをしてもらいました。具体的には、お尻の筋肉を鍛えつつ、腹斜筋を中心にくびれを作るイメージのトレーニングを行いました。最初の1~2か月くらいは週2回、その後は週1回のトレーニングを続け、半年で彼女の希望通りのボディラインになりました」

 

現在も週1回ペースで通っているという村上さん。

 

「せっかくカッコよくなった身体の維持が目的ですが、大事なモデル仕事があったりすると、そのタイミングに合わせてよりシャープな身体にすることもあります」

 

そう語る村上さんのようなカッコいいボディラインになるために効果的なトレーニングを、今回、仁科さんに特別に伝授してもらった。

 

「最初は『マウンテンクライマー』というエクササイズで、これは腹筋とお尻の筋肉を引き締める効果があります。次に、腹筋の中でも特に腹横筋を鍛える『シザース腹筋』です。2つとも見た目以上にキツいエクササイズですが、そのぶんウエストやお尻の筋肉が効果的に鍛えられてシャープなボディラインになります」

 

仁科さん直伝のエクササイズメニューは今回と次回で計4種類。誰でも自宅で手軽にできる4種類のエクササイズで、村上さんが憧れたミスコン世界大会モデル風のボディライン獲得をめざそう!

 

村上真優(むらかみ・まゆ)
1992年10月21日生まれ(25歳)
173センチ。現在、通訳や不動産などフリーランスで活躍

 

体験者がオススメ!「本当に効く!エクササイズ(1)」
<マウンテンクライマー>

1)腕立て伏せの姿勢になり、腹筋に力を入れて身体を一直線にする
2)両手を肩の真下に着いてヒジを伸ばす。足は1足分空けて揃える
※腰に負担をかけないよう、腹筋に力を入れて骨盤を固定する

3)息を吐きながら右足(ヒザ)を左ヒジに向けて素早く引き上げる

4)息を吸いながら右足を素早く元に戻す
5)左足も同様に、息を吐きながら左ヒジに向けて素早く引き上げる
6)左右の脚を交互に替えながら90秒間続けて行う

※勢いで脚を引き上げるのではなく、腹筋の力を使い引き上げる
※腰が丸まらないように腹筋の力を緩めずに行う
※1秒当たり2回~4回のテンポで行わないと効果的ではない

 

体験者がオススメ!「本当に効く!エクササイズ(2)」
<シザース腹筋>

1)仰向けに腰を下ろし、両ヒジを着いて上半身を起こす

<ポイント>
※上半身を起こす=腹筋の収縮状態を作る
※目線はおへそに=目線を腹部に向けることでより収縮状態を作る

<注意>
▼ヒジを着いた高さではあまり腹筋に力が入らないという人は、枕やクッションを背中に敷いて適当な高さを作ると効果的

2)両脚を上げる

3)脚を交互に上下させる

 

<ポイント>
※脚はおへその上まで上げる
※下げる脚は下にさげ過ぎない(写真参照)

<注意>
▼脚の上げ過ぎ&下げ過ぎは大腿四頭筋(太ももの前)が作用してしまい、脚が太くなってしまうので注意

4)この動作を90秒間行う

 

【協力店舗】
パーソナルトレーニングジム Re:0 リオ
http://www.re-0.com/

■住所 :東京都新宿区左門町9番地6 玉盛ビル1F
■TEL:03-5366-5155
■営業時間:10時~22時(休館日:日曜・年末年始)

“ボディコンサルティング”を掲げ、トレーニングから食事習慣などのアドバイスも行い、モテる身体作りと健康をトータルでサポートしてくれる。完全予約制・マンツーマン指導のパーソナルトレーニングジム。「これまでまったく運動をしてこなかった人でも、パーソナルトレーナーと一緒にがんばることでマイナスだった自分をゼロに戻し、さらにプラスになっていく。心も身体も一緒にゼロからスタートし、人生で最高の自分を手に入れる」というジムをめざして2014年オープン。店舗は完全予約制、マンツーマンでの指導なので、人の目を気にすることなくトレーニング可能。

(更新日:2018年8月9日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ビューティー)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME