top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

田中角栄の事件史外伝『兵隊やくざ――“田中政治の原点”型破り戦場秘話』Part6~政治評論家・小林吉弥

週刊実話WEB

衆議院議員、自民党、首相=1973(昭和48)年8月5日撮影(C)共同通信社

夜中に上官に隠れて仲間と酒盛りをする、応召前に付き合っていた女性からラブレターは来る、立哨はさぼるなど、とても模範兵とは言えなかった田中角栄だったが、陸軍盛岡騎兵隊第三旅団第二十四連隊第一中隊として最前線の北満州に渡って1年後の昭和15(1940)年春には、二等兵から上等兵になっていた。

【関連】田中角栄の事件史外伝『兵隊やくざ――“田中政治の原点”型破り戦場秘話』Part5~政治評論家・小林吉弥 ほか

と同時に、「あの男は兵隊としてはなっていないが、ただの兵隊ではない。たいへんな才覚を持っている」として、その頃には旅団の幹部たちに名を知られるようになっていた。

こんなエピソードがある。

田中が連隊本部の酒保(兵営内にある兵士相手の日用品や飲食物などの売店)係をしていたとき、連隊長が視察に来たが、本部前に大型の軍用トラックが止めてあり、連隊長の車が中へ入れなかった。軍用トラックの運転手は、所用で運転席にはいなかった。

広告の後にも続きます

当時の軍隊には自動車班というものがあり、ここに所属していない兵隊で車の運転ができる者は、ごくわずかだった。連隊長の車の周りには士官がいたが、オタオタするだけで運転できる者は皆無だったのである。

そのとき、田中が申し出た。

「私は東京にいるとき、自動車の運転を少し習ったことがあります。うまくやれるか分かりませんが、やってみましょう」

田中も、もとより大型の軍用トラックなどを運転したことは一度としてなかった。こうした切端詰まったときの〝なんとかなるだろう精神〟は、のちに政治家となったときの持ち味でもあった。

「田中あり」が連隊内に広まった決定打

結局、田中は見よう見まねで運転し、連隊長の車が本部に入れる通用門までトラックを後退させることに成功した。もっとも、アクセルとブレーキを踏み間違え、トラックの車体を通用門にぶつけるという失態もみせている。

しかし、連隊長も士官たちも「悪気でやったのではない。仕方がない」と、むしろ笑顔を見せたのだった。田中の名前が、旅団幹部らに知られるようになったひとつのきっかけであった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル