後を絶たないロードバイクの盗難  盗難されやすい場所や自転車の探し方は?
後を絶たないロードバイクの盗難  盗難されやすい場所や自転車の探し方は?
近年、趣味として普及した自転車のロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツバイク。趣味や競技などでジャンルやスタイルが細分化されているが、その中でも街中でよく見かけるロードバイクは特に人気だ。ただ…

 近年、趣味として普及した自転車のロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツバイク。趣味や競技などでジャンルやスタイルが細分化されているが、その中でも街中でよく見かけるロードバイクは特に人気だ。ただ、軽さが魅力のカーボンフレームのロードバイクは入門用でも10~15万円以上。高価格ゆえに、ロードバイクは目を離した隙に盗まれるなど盗難被害が後を絶たないのだ。そこでスポーツバイク専門メディア「Cyclesports.jp」を運営する八重洲出版(東京)と自転車の盗難・車両保険を取り扱う au 損害保険(東京)は、大切な愛車を守るための参考になればと、自転車本体やパーツの盗難被害経験がある人(321人)を対象にアンケート調査(6月28日~7月8日)を行った。自転車盗難対策の参考にしてみてはいかがだろう。

▲どんな人が被害に遭っているのか

 盗難被害経験者のうち66%は、スポーツバイク歴5年以上。そのうち5人に1人は2回以上も被害に遭っているという。また、被害金額は10万円未満が69%と、高価な自転車やパーツだけが狙われるというわけではないようだ。自転車に関する知識やライドスキルは、自転車歴が長くなれば向上していくものだが、盗難に関しては「ベテランだから盗まれない」ということは当てはまらないのかもしれない。また驚くべきは、85%の人が「カギをかけている」にも関わらず、被害に遭っているということ。ロードバイクなど高価な自転車は、施錠したとしても常に「盗難」というリスクを忘れてはならないのだろう。 一方、盗まれた際に「カギをかけていなかった」という人に理由を聞いたところ、「短時間だから大丈夫だと思った」、「うっかり忘れた」との回答が多数。ちょっとした油断を犯人は見逃していないようだ 。

▲被害にあ…
(更新日:2018年8月6日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME