旅行代金42万円が26万円に!元JTB芸人の実力を見た!
旅行代金42万円が26万円に!元JTB芸人の実力を見た!
  大手旅行会社JTBに正社員として勤務していた芸人、こじま観光(35)。普段から先輩芸人の旅行の相談にのっているという、こじま観光に、元芸人のインタビューマン山下が話を聞いた! ――大学を卒業してすぐにJTBに就職した...

 

 大手旅行会社JTBに正社員として勤務していた芸人、こじま観光(35)。普段から先輩芸人の旅行の相談にのっているという、こじま観光に、元芸人のインタビューマン山下が話を聞いた!

 

――大学を卒業してすぐにJTBに就職したんですか?

 

「はい。JTBの富裕層向けの事業部に所属していました。そこは普通のJTBと店舗自体が別で、館内も高級感にあふれています。

 

 

 お客様には高級ソファーに座っていただいて、くつろぎながら専任コンシェルジュに旅行の相談をするようなところです。

 

 そこはツアー商品のラインナップも、一般のJTBで売っているものとまったく違うんですよ。僕が担当したパッケージツアーで一番高かったもので、京都2泊3日のツアーが1人30万円とか。ヨーロッパ8日間で1人200万円とかありました」

 

――それは高級ですね。そんな部署によく新入社員から入れましたね。

 

「そこは自分で希望したんですが、新入社員が200人ぐらいいて、入れたのは3人でした」

 

――それはなかなかの狭き門ですね。先輩芸人さんから旅行の相談とかはされないですか?

 

「されます。知らないうちに事務所の先輩の間で僕の電話番号がやり取りされてまして、知らない番号から、よく電話がかかってきます(笑)。だから、知らない電話番号だとだいたい先輩芸人なんで、絶対出ないといけないんです。

 

 一回パチンコを打ってるときに知らない番号からかかってきて、すぐに取っても周りがうるさいんで、外の駐車場まで走って電話に出たら、『もしもし、こじま君? 鈴木ですけど』って言われて。『鈴木って誰だよ?』って思って……。ドランクドラゴンの鈴木拓さんだったんですけど、電話番号しか出ないので焦るんですよ(笑)。

 

 正月明けに家族で温泉に行きたいという相談だったんですけど、鈴木さんが『予約のできる温泉があるにはあるけど、ちょっと高い』っとおっしゃって。『いくらですか?』って聞いたら、その値段がまぁまぁ妥当だったんですよ(笑)。なので、そのままその温泉をすすめました」

 

――なかなか大変ですね(笑)。

 

「そういえば、僕が出る昼間のライブに、出演者じゃない東京03の飯塚さんが来られたことがあったんですよ。僕の後輩がすごく青い顔して『酔っぱらった飯塚さんが、こじまはどこだって楽屋で騒いでいます!』って言ってきて。『俺なにか、やらかしたかな?」と思って、焦って楽屋まで走って行ったら、飯塚さんが『おい、こじま! 俺、結婚したから新婚旅行の相談してくんない?』って言われて。『いや、そのテンションで来ないでください!』と思いましたよ(笑)」

 

――実は僕(インタビューマン山下)、明日から石垣島に旅行に行くんですけど、飛行機のチケットの値段がちょっと高くないかって思ってるんです。相談に乗ってもらえないですか?

 

「はい。もちろん! 航空券には定価がありまして、それがけっこう高いんですよ。同じチケットでも、いろんな売り方をしてるんで、値段が全然違うんです。そのチケットはいくらですか?」

 

――平日なんですけど3人の往復分で41万8000円です。

 

「高いですね(笑)。サイトによっては国内線の航空券を安く買えますよ。でも前日なんでチケットがあるかどうか……。(携帯電話で調べて)3席空いてます。3人で26万円ぐらいでありますね」

 

――えー、全然値段が違う! 15万ぐらい安いじゃないですか!

 

「ただ前日なんでキャンセル料が50%ぐらいかかってくることもあるので、それがいくらかによりますね……えっ? 山下さん、定価でチケット買ってますね。だからキャンセル料が全然かかんないですよ。2580円です」

 

――めっちゃ安い! すぐにキャンセルしましょう!(笑)。1人5万円くらい損するところでしたよ。飛行機のチケットって買い方によって全然違うんですね。助かりました。ありがとうございます!

 

「いえ、とんでもないです。でも、定価のチケットは前日まで行けるかどうかわからない人には便利だと思います。もし行けなくなってもキャンセル料が2600円ほどで済むので。安いサイトで取ったチケットはキャンセルできないものもあります。ですから状況に応じてチケットの取り方を変えるのがいいと思います」

(更新日:2018年8月5日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME