top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ケイト・ウィンスレットと初共演のスーザン・サランドンが死の前日の“最後の晩餐会”で安楽死の決意を語る 『ブラックバード 家族が家族であるうちに』本編映像公開

cinefil

主人公リリーを『デッドマン・ウォーキング』(95)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したスーザン・サランドン。長女のジェニファーには『タイタニック』(97)で世界的にその名を知らしめ『愛を読むひと』(08)でアカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ウインスレットが演じ、二大オスカー女優がついに初共演! “家族との絆と覚悟”を観る人全てに問いかける感動の物語『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(6/11公開)がTOHOシネマズシャンテほか全国にて日本公開決定。

スーザン・サランドンが安楽死の決意を語るシーン映像公開

ある週末の朝、リリー(スーザン・サランドン)は夫のポール(サム・ニール)と暮らす静かな海辺の邸宅に、娘のジェニファー(ケイト・ウィンスレット)、アナ(ミア・ワシコウスカ)とその家族たち、そしてリリーの学生時代からの大親友で家族同然のリズ(リンゼイ・ダンカン)を集める。しかしそれはともに楽しい時を過ごすためのものではなく、安楽死を選択したリリーが“家族が家族であるうちに”過ごすために自らが用意した最後の時間だった。集った家族とその友人たちは、それぞれ平静さを装いながら母の願いである最後の晩餐に参加する。しかし、あるきっかけで緊張の糸が切れ、次々と明かされていくそれぞれの秘密。そして最後に家族がとった行動とは…。

『マンデラの名もなき看守』(08)や『ペレ』(87)などで知られるビレ・アウグスト監督による傑作デンマーク映画『サイレント・ハート』(14・未)を、同作の脚本家であるクリスチャン・トープが自身でアメリカ映画として脚色、『ブラックバード 家族が家族であるうちに』として、新たな物語を紡ぎ出した。

リリーの要望によって彼女の死の前日に開かれた“最後の晩餐会”

「もう皆で充分話し合ったと思うけど、私は理解できると言いたい」アナの恋人であるクリス(ベックス・テイラー=クラウス)は、その決断に理解を示そうとする。「死ぬ日を決めたら、おかしいことに、死が怖くなくなった」、「不安はあるわ、でも誰でもいつか人は死ぬ」、「分からないはずのその日が、私には分かってるだけ」とユーモアを交えながら淡々と述べるリリーに対し、やはりまだ完全にその決意を受け入れられない家族は「生きてる時は死を忘れるだろう」と問いかけるが、「死を知る方がいいわ」、「その方が余計なことにかまけなくなる」と、その強い意思を静かに語るだけだった。

広告の後にも続きます

「明日この場所に母・リリーがいない」― 逃れられない現実を突きつけられた家族が、それでもリリーの心に少しでも近づき、理解するために入っていこうとする。リリーが安楽死の決意を改めて語る、緊張感あふれるシーン映像となっている。

脇を固める豪華俳優陣も要注目!

次女アナには『アリス・イン・ワンダーランド』(10)のアリス役に大抜擢されたミア・ワシコウスカ。そして、リリーの夫、ポール役に『ジュラシック・パークⅢ』(01)などで活躍するサム・ニールが演じ、死を決断した母のもとに集い、戸惑いながらも目を逸らさず真実の愛情を捧ごうともがく難役を見事演じ切りました。

監督を務めたのは 『ノッティングヒルの恋人』(99)や『恋とニュースのつくり方』(10)などで手腕を発揮するロジャー・ミッシェル。極限の選択に立たされる家族の心象風景にリアリティを持たせるために、彼は、通常ではなかなか行えない映画の大半を順撮りするという方法を選択、結果5週間におよぶ撮影が開始することになったが「キャストの集中力、映画やお互いに対する意気込みに思ったよりも大きな影響が生まれたんだ」とそのこだわりを話し、見事な人間ドラマへと昇華させています。

『ブラック・バード』は6月11日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

監督:ロジャー・ミッシェル 
脚本:クリスチャン・トープ
出演:スーザン・サランドン、ケイト・ウィンスレット、ミア・ワシコウスカ、サム・ニール、リンジー・ダンカン、レイン・ウィルソン、ベックス・テイラー=クラウス、アンソン・ブーン
2019年/アメリカ、イギリス/英語/97分/スコープサイズ/5.1ch/ PG12
原題:Blackbird/日本語字幕:斎藤敦子
配給:プレシディオ、彩プロ

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』オフィシャルサイト

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル