top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

東京ドームで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング1〜5位【プロ野球通算成績】

ベースボールチャンネル

東京ドームで最もホームランを打ったのは? 球場別通算本塁打数ランキング1〜5位【プロ野球通算成績】

 2021シーズンのプロ野球は、5月25日からセ・パ交流戦へと突入した。セ・リーグは、阪神甲子園球場を本拠地とする阪神タイガースが首位を快走。パ・リーグは混戦の模様となっている。
 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中!

 
 ここでは、球場別の個人成績にフォーカスし、通算勝利、通算本塁打をランキング形式で振り返っていく。今回は東京ドーム・通算本塁打編(2020年終了時点)。
 
■球場情報:東京ドーム
正式球場名:東京ドーム
開場年月:1988年3月
球場の広さ:両翼100m、中堅122m(現在の広さ)
公式戦初開催:1988年4月8日 巨人-ヤクルト(1回戦)
公式戦試合数:3131試合
本塁打数:6916本

6〜10位はこちら

5位:“ミスターファイターズ”

田中幸雄 145本塁打(日本ハム145本)
 
 5位は、”ミスターファイターズ”田中幸雄だ。

 田中は、都城高から1985年ドラフト3位で入団。3年目の87年に遊撃のレギュラーとして全試合出場を果たし、打率.277、16本塁打の成績でベストナインを初受賞した。
 
 92年に右肩を故障して以降は、内外野をこなすユーティリティー性を発揮。中距離ヒッターだったが、94年から3年連続20本塁打以上を放ち、日本ハム一筋22年間で13度の2桁本塁打を記録した。
 
 通算成績は、2238試合に出場し、打率.262、2012安打、287本塁打、1026打点、40盗塁。東京ドームを本拠地とした03年までに277本を放ち、半数以上を同球場で記録していた。

4位:日米通算507本塁打放った“ゴジラ”

広告の後にも続きます

松井秀喜 146本塁打(巨人146本)
 
 4位は、日米通算507本塁打を放った大砲・松井秀喜だ。

 松井は、星稜高から1992年ドラフト1位で入団した。ルーキーイヤーから2桁本塁打を放つなど存在感を示すと、翌94年に外野のレギュラーに定着した。
 
 以降は本塁打打者として球界を席捲した。96年から7年連続30本塁打以上を記録し、3度の最多本塁打を受賞。特に2002年には自己最多の50本塁打を放ち、日本一を置き土産にメジャー挑戦を決めた。
 
 NPB通算成績は、1268試合に出場し、打率.304、1390安打、332本塁打、889打点、46盗塁。本拠地・東京ドームでの本塁打割合は、トップ5で最も低かった。

3位:フルスイングが真骨頂の好打者

小笠原道大 175本塁打(日本ハム95本、巨人80本)
 
 3位は、ガッツあふれるプレーとフルスイングを真骨頂とした好打者・小笠原道大だ。

 小笠原は、暁星国際高、NTT関東を経て、1996年ドラフト3位で日本ハムに入団。一時は捕手登録となったが、99年には一塁でレギュラーを獲得し、強打の2番打者として25本塁打をマークした。
 
 2000年からの7年間で30本塁打以上を6度記録し、広い札幌ドームを本拠地とした06年に32本塁打で最多本塁打のタイトルを獲得。翌07年に巨人へFA移籍して再び東京ドームをホームグラウンドとすると、主軸として活躍した4シーズンで計132本塁打を放った。また、06、07年にはリーグを跨いで2年連続最優秀選手に輝いた。
 
 通算成績は、1992試合に出場し、打率.310、2120安打、378本塁打、1169打点、63盗塁。うち東京ドームを本拠地とした時代の本塁打数は、290を数えた。

2位:屈指の打撃技術誇った天才打者

高橋由伸 176本塁打(巨人176本)
 
 2位は、非凡な打撃技術で天才と称された高橋由伸だ。

 高橋は、桐蔭学園高、慶応大を経て、1997年ドラフト1位で入団。1年目から打率.300、19本塁打の好成績を残し、チームに欠かせない存在となった。
 
 2005年以降は相次ぐプレー中の負傷で、けがに苦しむシーズンも多かったが、長らく打線の核を担った。長距離砲ではなかったが、99、2004、07年には30本塁打以上を記録。特にリードオフマンを担った07年は、35本塁打のうち開幕戦初球本塁打を含む9本が先頭打者弾となった。
 
 通算成績は、1819試合に出場し、打率.291、1753安打、321本塁打、986打点、29盗塁となっている。

1位:強打の名捕手

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル