top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

有村架純“里穂子”と古川琴音“つむぎ”、新たな人生に一歩前進「応援したくなる」

テレビドガッチ


菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、古川琴音が出演する土曜ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第7話が、5月29日に放送。解散を決めたお笑いトリオ・マクベスの3人と共に、中浜里穂子(有村)と妹のつむぎ(古川)の人生も動き出した(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、現代の5人の若者の生き様を描いた群像物語。「あの頃」に思い描いていた「大人の自分」とはまるでかけ離れた「大失敗」な人生を歩んでしまった20代後半の若者たちが、その「失敗」をしたからこそ出会う人や出来事によって、まるで思い描きもしなかった未知の「幸せ」と巡り合う。

マクベスの最後の地方ライブを見に来た里穂子は、そこで高岩春斗(菅田)に、再就職のために岸倉奈津美(芳根京子)の知り合いの転職エージェントと会うことを報告。不安な胸中を明かしながらも「でも前に進むと決めたので」と告げる。後日、里穂子は奈津美と共に転職エージェントの浦添修作(石橋遼大/四千頭身)と対面。浦添から紹介された企業の中に気になる会社を見つけ、面接に臨む。

一方、引っ越しの準備に追われていたつむぎは、新しいソファを買うために訪れたインテリアショップで朝吹瞬太(神木)とケンカをしてしまう。スナック「アイビス」のママ・下條良枝(松田ゆう姫)は、つむぎの好意に気づかない瞬太に呆れながら、つむぎが「本当のお兄ちゃんみたいに思っている」と言うのは気持ちの裏返しであることを指摘。つむぎの思いを知った瞬太は、ゲーマーならではの方法でつむぎにメッセージを送る。

また瞬太は、マクベスと苦楽をともにした愛車を手放すことを決意。元お笑い芸人の千葉(鈴之助)が働く中古車ショップを訪れた3人は、最後にマクベスの歴史が詰まった車を自分たちで洗車しながら、車にまつわる思い出話を語り明かす。

マクベスの3人のやり取りや中浜姉妹のシーンに、インターネット上では反響が続出。「まじで青春だな」「会話の間が絶妙」「里穂子の気持ちに共感」「瞬太とつむぎちゃんのカップル好き」「みんながんばれって応援したくなる」などのコメントが寄せられた。

また、ゲスト出演した四千頭身・石橋にも視聴者は反応。「妙に似合うな」「自然すぎて全然違和感なかった」「ナチュラルな演技良かった」「ガチで緊張してそうw」などの声が上がっていた。

次回第8話は6月5日に放送。瞬太の焼き鳥屋を訪れたマネージャー・楠木(中村倫也)が、マクベスとの日々を振り返る。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル