top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

週間MIPは巨人・山口俊!/今週のベストナイン(7月24日~7月29日)

週刊ベースボールONLINE

完璧103球快挙達成



巨人・山口俊


 移籍2年目、昨年の事件以来、お騒がせ男の印象も強くなっていたが、この日は、しっかり仕事をした。

 7月27日中日戦(東京ドーム)、7回の先頭打者への1四球のみで史上79人目のノーヒットノーラン達成。150キロ超の速球を軸にしながら、余裕たっぷりの投球だった。

 球数わずか103球、巨人が5対0で勝利した試合は、2時間23分で終了した。

 ただまあ、チーム状況を考えれば「泣かないよ」は余計だった気もするが。

セ・リーグ週間ベストナイン



[投手]
山口 俊(巨人)
期間内/試1勝1敗0防0.00
※四球1のノーヒットノーランは圧巻。今後も継続し結果出したい。

[捕手]
中村悠平(ヤクルト/3回目)
期間内/打15安4本1点2盗0率.267
※好調チームを引っ張る司令塔。24日G戦では1本塁打含む2安打。

[一塁手]
安部友裕(広島)
期間内/打16安7本0点1盗3率.438
※27日DB戦では4打数4安打。得点圏打率5割も頼もしい。

[二塁手]
山田哲人(ヤクルト/5回目)
期間内/打21安8本2点8盗1率.381
※8試合連続打点と絶好調。出塁率は.458、得点圏打率.667。

[三塁手]
宮崎敏郎(DeNA/7回目)
打21安8本0点2盗0率.381
※期間内全試合安打、マルチ3回。28日広島戦では2打点。

[遊撃手]
北條史也(阪神)
期間内/打19安9本0点4盗0率.474
※攻守とも安心して見られるようになった。得点圏打率も8割。

[左翼手]
福留孝介(阪神/3回目)
期間内/打13安7本1点7盗0率.538
※ヤクルト・バレンティンほかレフト好調週だが、出塁率.667、得点圏.833は圧巻。

[中堅手]
青木宣親(ヤクルト/3回目)
期間内/打22安11本0点1盗0率.500
※6、7月はいずれも打率.388。期間内猛打賞2含むマルチ4回。

[右翼手]
鈴木誠也(広島/4回目)
期間内/打16安6本1点5盗0率.372
※厳しい攻めも多いが、しっかり結果出し26日T戦は3打点で勝利に貢献

パ・リーグ週間ベストナイン



[投手]
武田翔太(ソフトバンク/2回目)
期間内/試1勝1敗0防0.00
※29日楽天戦では中田の体調不良で緊急先発も今季3度目完封。

[捕手]
森 友哉(西武/4回目)
期間内/打12安8本1点6盗1率.667
※スタメンで猛打賞2回、代打でサヨナラ打とバットは無双。

[一塁手]
銀次(楽天/2回目)
期間内/打23安10本0点7盗0率.435
※7月に入って打撃好調を維持。2打点3回と勝負強さも光る。

[二塁手]
浅村栄斗(西武/8回目)
期間内/打16安6本0点3盗0率.375
※7月は打撃好調を維持。25日オリックス戦では延長10回サヨナラ打。

[三塁手]
レアード(日本ハム/2回目)
期間内/打20安9本2点6盗0率.450
※ようやくバットに火がついた。期間内マルチ3回、うち猛打賞2回。

[遊撃手]
中島卓也(日本ハム/3回目)
期間内/打18安7本0点2盗1率.389
※持ち前の粘りの打撃に復活気配。7月は打率.308。

[左翼手]
中村 晃(ソフトバンク/3回目)
期間内/打22安10本0点5盗1率.455
※敗れたが27日楽天戦は4安打3打点。期間内得点圏は10割。

[中堅手]
田中和基(楽天/2回目)
期間内/打24安7本1点1盗2率.292
※期間内マルチ3回。28日ソフトバンク戦はプレーボール弾。

[右翼手]
ロメロ(オリックス/3回目)
期間内/打25安9本3点8盗2率.360
※チームが不振の中、攻守走に奮闘。29日F戦は5打点2盗塁で勝利に貢献。

[指名打者]
アマダー(楽天/4回目)
期間内/打22安9本3点7盗0率.409
※期間内4試合連続マルチ。得点圏も.714と高かった。

TOPICS

ランキング

ジャンル