top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

金田正一の金言/週べ1963年6月17日号

週刊ベースボールONLINE

 今年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永く、お付き合いいただきたい。

走りまくれ柴田



表紙は南海・野村克也


 今回は『1963年6月17日号』。定価は40円だ。

 巻頭は『走りまくれ! 柴田』。巨人・柴田勲の足が猛威をふるっている。
 プロ2年目、甲子園の優勝投手から野手にコンバートした柴田は、佐々木信也との対談企画にも登場。
 完全なレギュラーではないが、慣れないスイッチで打率.308をマーク。16安打でリーグトップの16盗塁だから代走もまだ多かったようだ。

 国鉄では浜崎真二監督と金田正一がやり合った、という記事があったが、実際にはそこまで深刻ではない。

 29歳で300勝投手となった金田は(さらっと書いたがすごい話だ)、次なる目標400勝に向け、
「ワシは体を大切にせないかん」と、浜崎監督に3日に1回の登板にしてほしい、と頼んでいた。

 6月1日の大洋戦(東京)だった。国鉄は6回まで2対0で勝っていたが、追いつかれ、延長戦へ。ここで浜崎監督は金田へ登板を頼んだが、29日に投げていた金田は「きょうはあかん」と断った。
 
 試合は敗れ、浜崎は「チームのためを思ったら、あそこでカネにやってもらわないかんぜ」とぼやいた。

 金田は翌2日に登板し、完封勝利。金田は言う。
「プロの選手なんてものはな、結局は自分にしか頼れないものなんや。ワシが勝利投手になって帰ってくると、みんな握手してくれるが、本当は形だけ。自分一人で右手と左手で握手してるのと同じようなものなんだよ」
 渋い言葉だ。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル