top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

備蓄から激ウマに!コンテスト受賞の防災レシピを作ってみた

防災ニッポン

家庭でできる身近な備えといえば、食料の備蓄ですね。長期保存がきく食材を中心に備えている人も少なくないでしょう。そんな食材をおいしく調理するのが「防災レシピ」です。今回は、三重県主催の「みえの防災レシピコンテスト」で受賞したレシピのうち、「あいまぜ」「あられ雑炊」「魚肉ソーセージとコーンの蒸しパン」の3品を作ってみました。リポートします。

参考リンク:「みえの防災コンテスト」レシピ集

 防災レシピって?

リポートする前に、少しだけ説明します。
紹介する3点は、どれも災害時に電気や水道、ガスなどのライフラインが止まったことを想定して考案されています。ガスの代わりにカセットコンロを使用したり、乾物の戻し汁を使って限られた水を有効活用したりするなど、ライフラインが止まっても調理できるよう工夫されています。

大切なキーワードが「ローリングストック」

防災レシピを作る上で重要なキーワードが「ローリングストック」です。食材を日常的に食べて買い足し、回転させていく備蓄方法をいいます。長期保存がきくパックご飯や缶詰、乾物、小麦粉、乾パン、野菜ジュース、ドライフルーツなどを食べて買い足し、日常的に備えていきます。

今回の「みえの防災レシピコンテスト」は、三重県防災対策部が、ローリングストックや「防災の日常化」を進めようと主催しました。

ここからが上位入賞作品を作ったリポートです!

広告の後にも続きます

今回作ったのは、前述の通り「あいまぜ」「あられ雑炊」「魚肉ソーセージとコーンの蒸しパン」の3品。それぞれそのレシピで作った料理の紹介、作り方、調理時間、手間、味の感想――の順で紹介していきます。

1)備蓄食材の乾物をふんだんに使った郷土の味!「あいまぜ」

1品目は、「あいまぜ」(=写真)です。「あいまぜ」は三重のほか日本各地で古くから親しまれる郷土料理です。今回のレシピは、干しシイタケや切り干し大根、高野豆腐など、長期保存がきく乾物を使用し、その戻し汁を活用するなど、防災目線でも工夫を凝らしています。

<材料(3~4人前)>
・干しシイタケ…3枚
・切り干し大根…20g
・高野豆腐…1丁
・ニンジン…50g
・レンコン…50g
・水…400ml
・濃口しょうゆ…30ml
・砂糖…大さじ2
・酢…30ml
・いりゴマ…適量
※保存食材は、ローリングストックで備蓄できるものを使用。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル