top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

予想外のコツで目元美人!アイラインがうまく引けない時のポイント!

E-TALENTBANK

予想外のコツで目元美人!アイラインがうまく引けない時のポイント!

皆様、毎日メイクにアイライナーは取り入れていますか? 今やマスクメイクは当たり前。 そんな時に大事なのが、アイメイクです。 リキッドアイライナーって上手に引けない、そもそもアイライナーってどう引くが正解?と悩んでる方も多いのではないでしょうか? アイライナーは、描き方次第で印象がまったく違います。 そこで今回は、簡単にぱっちり目にするアイライナーの描き方と、おすすめのアイライナーをご紹介いたします!

【関連記事】メイクの仕上がりをダメにしがちな3つの癖!

■アイシャドウで下書きを

「いきなりリキッドで描いて失敗…」「やり直すのに収拾がつかない…」と悩んでいる方! アイシャドウで、下書きをしちゃえば楽ちん!!

備え付けの小さいチップ、 または細いアイシャドウブラシ生え際をしっかりと埋めるように描き、まつ毛のすき間を細く埋めていきましょう。

また、先に下書きしておくことで、アイライナーが強調されるのを緩和するので、きつい印象を防ぎ、ふんわり柔らかい印象に見えます♪

■目尻の「くの字」の延長に

広告の後にも続きます

カッコよくしたい、垂れ目に見せたい等印象によって角度を変えるのがコツですが、ナチュラルに自分の目に合ったライナーが引きたい方はこのやり方!

目尻の「くの字」の横の延長上に繋げましょう! 長さは長くても自分のまつ毛の長さで!

■キワまで確認を

必ずアイラインを引くときは、真正面からだけでなく、少し横を向いたり、あごを少しあげてまつ毛とアイラインの間にすき間がないか確認しましょう!

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル