top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

レインウェアは洗濯で長持ち!豪雨に強い選び方

防災ニッポン

長雨が続く時期に用意しておきたいのがレインウェアです。最近のレインウェアは、性能も見た目の良さも以前と比べて格段に進化しています。100円ショップやコンビニにもありますが、何を基準に選んだらいいのでしょうか。この記事では備えとして持っておきたいレインウェアを選ぶポイントを紹介します。

傘よりぬれにくく体温もキープ

記録的な大雨や気象の激甚化で、豪雨や大雨で避難することが珍しくなくなっています。そんなときでも、備えとしてレインウェアがあれば少しは安心できます。

ぬれると体温が下がり、体力を奪われていきます。横殴りの雨などのときは、レインウェアの方が傘よりもぬれにくいです。また、両手が自由に使えるため子どもの手を引いて避難する際にも便利ですし、雨のなかで土のうを積んだり、ブルーシートをかけたりといった作業もできます。非常持ち出し袋などの備えとしてレインウェアがあるのは、そうした理由からです。


写真説明:河川の決壊現場付近に積まれた土のう(2015年9月、茨城県常総市で)

防災に適したレインウェアとは

豪雨で役立つレインウェアには特徴があります。水を通しにくく通気性のあるもの、セパレートタイプでかつ身体にフィットしたものです。以下項目ごとに説明します。

タイプ→セパレートタイプ

広告の後にも続きます

レインウェアと言っても、頭を通してかぶるポンチョタイプや、羽織って使うコートタイプ、上下で分かれているセパレートタイプなど種類は豊富です。

豪雨に備えて持っておきたいのは、セパレートタイプのもの(=イラスト参照)。

こういうタイプなら全身をすっぽりと覆うため防水性が高く、身体をぬらしにくいのです。

サイズ→体形にジャストフィット

レインウェアはサイズ選びも重要です。小さければ動きにくく、逆に大きいと隙間から雨が入ってきます。自分の体形にあったレインウェアを選びましょう。

サイズ決めのポイント→試着時のフィット感

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル