top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ウワサの「風の谷のナウシカ」ゲーム3作品を当時の資料で振り返る

おたくま経済新聞

 1984年、劇場公開にあわせて「風の谷のナウシカ」を題材としたゲームがテクノポリスソフトより発売されました。

 「風の谷のナウシカ」「ナウシカ危機一髪」「忘れじのナウシカ・ゲーム」の3本です。

【元の記事はこちら】

 当時はパソコンゲームを扱っているお店は少なく、有名パソコンショップか大型書店でしか取り扱いがなかった事も手伝ってか、現在では極めて希少なゲームソフトとなっています。

 インターネットが普及してからも、その希少性ゆえにゲームの詳細は時間の流れとともに忘れ去られ、検証することも困難だったことから長い間このゲームには様々なウワサが飛び交っていました。

広告の後にも続きます

 筆者(くろすけ)はジブリグッズの主に「非売品コレクター」として活動をしていますが、それ以外にスタジオジブリに関する様々な資料を読みあさることも趣味としています。またこの3作品については、「風の谷のナウシカ」だけソフトがなくて箱と説明書のみ、「ナウシカ危機一髪」は完品、「忘れじのナウシカゲーム」はソフトのみ所持で箱、説明書がない状態でそれぞれ所持しています。

 そこで今回はパソコンゲーム版「風の谷のナウシカ」3作品の制作背景やゲーム内容を、手持ちのゲームソフトの説明書に加えて当時の雑誌記事を元に振り返ってみようと思います。

■ 「風の谷のナウシカ」ゲーム3作品が生まれた背景

 1982年、徳間書店より創刊されたパソコン雑誌「テクノポリス」の創刊1周年記念イベントとして、1983年5月号にて読者を対象とした賞金総額300万円のゲームソフトコンテストが開催されました。

 当時は他にも、データイースト・エニックス・サンソフト・アスキーなどの主催で読者公募のゲームコンテストが多く開催されており、その中からドラゴンクエストでも有名な堀井雄二さんのような逸材も輩出されました。

 コンテストの応募締切りは同年8月末で、当初の結果発表は12月号を予定していましたが、当選作の審査・発表・製品化の遅れにより実際の発表は1984年4月号となっています。

 その後、大賞1作品・各部門優秀賞4作品の計5作品がテクノポリスソフトのブランドで製品化され、1984年3月21日に発売。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル