top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

備蓄用缶詰で!ツナ缶やサバ缶、トマト缶で作る防災レシピ4つ

防災ニッポン

備蓄用の食品として重宝するのが、長期保存が可能な「缶詰」です。何種類かの缶詰を普段からローリングストックしておくと、日々の料理にはもちろん、災害時にも活躍します。
今回は、スーパーでも簡単に手に入るツナ缶やサバ缶、トマト缶などの缶詰を使ったレシピを4点紹介します。

ツナ餃子(ギョーザ)

缶詰の定番ツナと、大葉&セロリを具にすることで餃子もサッパリとした味わいになります。

材料(4人分):
ツナ缶(ノンオイルタイプ) 2缶(140g)
セロリ 1/2本
大葉 10枚
A(ショウガ 1片、酒 小さじ2、ゴマ油・しょうゆ 各小さじ1、塩・コショウ 各少々)
餃子の皮 約16枚
サラダ油 大さじ2
B(水 1/2カップ、片栗粉 小さじ2)
ゴマ油 大さじ1
酢じょうゆまたはポン酢 適量

作り方:
(1)ツナ缶のツナは水気を切っておく。
(2)Aのショウガはすりおろし、セロリ・大葉はみじん切りにする。
(3)ボウルにツナとAを加えてよく混ぜ、セロリ・大葉を加えてざっと混ぜて、タネを作る。
(4)餃子の皮にタネを乗せて、ふちに指で水をつけ、ヒダを作りながら包む。
(5)Bをよく混ぜ合わせておく。
(6)フライパンにサラダ油をひき、餃子を並べてから火をつける(中火)。
(7)薄く焼き色がついたら、Bを餃子の高さの約1/3まで注ぐ(足りなければ水を足し、多ければ蒸し焼きのときに余らせてOK)。
(8)蓋をして強火で3~5分、水分がなくなるまで蒸し焼きにする。
(9)蓋を取り、ゴマ油を回しかけ、フライパンを動かしたときに餃子全体が滑るようになるまで焼く。
(10)器に盛り、お好みで酢じょうゆやポン酢を添える。

ポイント:
タネから水分が出て包みにくい場合は、片栗粉小さじ1程度を混ぜて調節してみてください。
いつものメニューにちょっと変化を出したいときはもちろん、食欲がないときでもサッパリとしていて食べやすいですよ。

サバの豆カレー

広告の後にも続きます

うまみがたっぷりと詰まっていて、骨まで食べられる栄養価満点のサバ缶。スパイスの風味で臭みを消し、手軽に作れるカレーのレシピです。

材料(4人分):
A(サラダ油 大さじ1、唐辛子 1本)
ニンジン 2/3本
ゴボウ 1/2本
サバの水煮缶 2缶(約380g)
カレー粉 大さじ1
ホールトマト缶 1缶(約400g)
ミックスビーンズ缶 1缶(約110g)
B(ケチャップ・オイスターソース 各大さじ2)
塩・コショウ 適量
ご飯 4人分(適量)

作り方:
(1)唐辛子はキッチンばさみでヘタを切り、つまようじで種を取り除く。
(2)ニンジン、ゴボウはみじん切りにする。
(3)フライパンにAを加えて火にかけ、小さな泡がしゅわしゅわと出てきたら唐辛子を取り除いてニンジン・ゴボウを加える。
(4)野菜がしんなりしたらサバの水煮を汁ごと加え、木べらで崩しながらいためる。
(5)カレー粉を加えて焦がさないようにサッといため、ホールトマトを加えて潰す。
(6)時々混ぜながら水分を飛ばし、好みのとろみになったらミックスビーンズ・Bを加えて混ぜる。
(7)塩・コショウで味を調える。
(8)器にご飯とカレーを盛りつける。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル