top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アップリンク渋谷の最後の日。5月20日は『愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像 』1日限定上映でその歴史の幕を閉じるー

cinefil

20世紀を代表する画家、フランシス・ベーコンを描く1998年の映画 『愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像 』を、5月20日(木)をもって幕を閉じることになったアップリンク渋谷にて1日限定で上映致します。

デレク・ジャーマンに見出され、シニード・オコナー「Nothing Compares 2 U」のPVやエイドリアン・ブロディ主演の映画『ジャケット』などで知られるジョン・メイブリィが監督を務め、若かりし日のダニエル・クレイグ(『007』シリーズ・ジェームス・ボンド役)が、ベイコンの恋人ジョージ・ダイアーを、彼らがたむろする酒場の主人をティルダ・スウィントンが演じ、坂本龍一が 音楽を担当しています。

現在は緊急事態宣言の延長により休館中ですが、松濤美術館では「フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる」展も開催中で、5/23放送のNHK「日曜美術館」ではフランシス・
ベーコンを特集予定です。

『愛の悪魔 フランシス・ベイコンの歪んだ肖像 』

広告の後にも続きます

上映日時:5月20日(木)12:35~
会場:アップリンク渋谷(渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)

<ストーリー>
1971年、パリのグラン・パレでベイコンの大回願展が開催。
そこには“現在生存する最も偉大な画家”と褒め称えられ、喝采を浴びるフランシス・ベイコン本人の姿があった。そんな折、ベイコンのモデルで恋人のジョージが、ホテルの部屋で大量のドラッグとアルコールを服用する。

監督+脚本:ジョン・メイブリィ
製作:キアラ・メナージュ
撮影:ジョン・マティエソン
美術:アラン・マクドナルド
衣装:アニー・シモンズ
音楽:坂本龍一
出演:デレク・ジャコビ/ダニエル・クレイグ/ティルダ・スウィントン
(1998年/イギリス/90分/ヴィスタ)
配給:アップリンク

愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像 – アップリンク渋谷

フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる
-リース・ミューズ7番地、アトリエからのドローイング、ドキュメント―

会期:2021年4月20日(火)- 6月13日(日)
【臨時休館期間:2021年 4月27日(火)~ 5月31日(月)】
*休館期間は延長の可能性があります

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル