top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

松山英樹に生まれた「余裕」。全米プロに向けて再び膨らむ快挙への期待

web Sportiva

 PGAツアー、AT&Tバイロン・ネルソン(5月13日~16日/テキサス州)に松山英樹が出場。マスターズ優勝以来となる試合で、「何もよくなかった」という松山は通算12アンダー、39位タイでフィニッシュした。

 マスターズ優勝後、日本に帰国していた松山は、2週間の隔離生活もあって、練習と呼べるものはまったくしていなかったという。

「(帰国中に)一度、練習場に行きましたけど、練習っていうほどの練習もしていないので。(アメリカに戻れば)すぐにメジャー大会もあるので、(クラブ)にちょっと触っておこうかな、と思って。やりたくはなかったんですけどね。

 実際に(クラブを)握ってみて、(いい状態が)継続できているか、まったくダメか、どっちかなと思ったけど、やっぱり1カ月っていう時間はヤバいですね……。結果、本当に今の状態はゼロ以下なんで、どうしたらいいのかな、と」

 それでも初日、5バーディー、1ボギーの「68」。首位と5打差の4アンダー、54位タイで発進した。

広告の後にも続きます

「(スタート前は)ショットはどこに飛んでいくんだろうって感じで、パターぐらいは安心して打てるかなと思っていたんですけど、逆でしたね。ショットは少しずつよくなっていったんですけど、ショートゲームが全然ダメでした。小さいアプローチ、バンカーショット、パッティングというところでミスが多かった。

 ただ、ギャラリーにね、マスターズを勝ったことを祝福されて、それはすごくうれしかった。毎ホールで声をかけられて、マスターズを勝つことって本当にすごいんだな、と改めて思いました」


ギャラリーの声援に応える松山英樹。photo by Kyodo News

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル