top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「素敵女子」になる50のルールを披露したOL 【著者インタビュー ayaさん】

J-CAST会社ウォッチ

ビジネス本で紹介した本の著者に、ご登場いただくインタビュー企画。女性向けの異色のビジネス本である「『一緒に働きたい』と言われる人の仕事術」(自由国民社)の著者、ayaさんに、本の狙いやご自身の仕事について、聞いた。

仕事術の小さなコツをまとめた

ちょっとしたことで「素敵女子」になる50のルールを披露したのが、ayaさんが書いた「『一緒に働きたい』と言われる人の仕事術」である。ayaさんは、インフラ系企業で営業職を務める現役OLで社会人5年目。お仕事術や印象アップの秘訣、日々の過ごし方などを投稿しているInstagramが支持を集め、開始からおよそ1年4か月でフォロワー数25万人を突破した。そのInstagramがきっかけで本の出版につながったという。

――「好印象を与える小さな仕事術」というコンセプトは、どんなところから思いついたのですか。

ayaさん「Instagramで自分の体験を発信したところ、質問がたくさん寄せられたんですよね。マナー本が教えてくれないような小さなこと、たとえば『こういう色のジャケットを会社に着て行ってもいいでしょうか』のような。先輩にちょこっと聞きたくなるような小さなことです。そうした多くの質問に答えてあげられるような内容で1冊書いてみようと思いました」

――どんなことを発信されたのですか。

ayaさん「もともとは仕事術ではなくて、一人暮らしのインテリアとか、購入してよかったモノとか、自分自身のライフスタイルの発信を始めました。その中で、『こうやったら褒められたよ』という仕事術に関するものを投稿した途端に反響が大きく、需要がある、そちらにシフトチェンジしてみたんです」
「そうすると、だんだん質問とかメッセージも数が増えてきました。一番多いのは『こういうことで仕事に困っています』というお悩み相談で、次に多いのがファッションやメイクに関するもの。『会社ではどのあたりまで派手でもいいでしょうか』『実際に働いていてどうですか?』というものでした」

――そうしたお悩みの答えをまとめたのが、この本ということですね。仕事術で、感心したことがいくつかあります。「二度と同じミスをしない私の秘密」という項目です。先輩や上司からの指摘事項を、すべて蓄積してチェックリストにするというものですが、ご自身の体験から生み出したものでしょうか。

ayaさん「そうなんです。新入社員の頃にたくさんの方からメモしきれないほど小さなことまでご指摘いただいたことと、『どうにかして先輩たちのいいところを盗みたいな』と思ったことから始めてみました。チェックリストにすることで、ときどき見返して使えます。ミスをしたことを書きとめるだけでなく、『どうすればよかったか』『どうしたらミスをしなかったか』など反省点まで記載すると、自分自身の成長にもつながります」

アパレルの新商品開発にもかかわる

広告の後にも続きます

――「TO DO リスト」の作り方も参考になると思いました。(1)どんな小さな仕事も列挙する(2)所要時間と優先順位を割り振る(3)終わったタスクも、あえて残す(4)定時1時間前には残業判断を(5)翌日の「TO DO リスト」の半分は前日にできている―― です。特に(5)は感銘を受けました。

ayaさん「当日の『TO DO リスト』を全部消し切って帰るのが理想ですが、なかなかそうはうまくいかないことが多くて……。計画的に、翌々日に回すものももちろんあります」

ayaさんは、OLの視点から通勤服やご褒美アクセサリーのプロデュースも手掛けている。

――なるほど。それで「TO DO リスト」の修正に使うグッズが後ろのページに載っているのですね。無印良品のマスキングテープとか、カインズのTO DO付箋とか。ayaさんは一日に「TO DOリスト」を3回書き換えるそうですね。

ayaさん「はい。朝のメールチェックをした後、お昼過ぎ、退社前の計3回書き換えます。たくさん発生する業務を抜け漏れなく遂行するためには書き換えとアップデートが必須です。その際に役に立つおすすめグッズを紹介しています」

仕事術に関するやりとりが続いたが、仕事術に関するのは1つの章だけだ。ほかの3章はオフィスや取引先での印象アップ、美容&メンタルのコツに充てられている。

たとえば、「大人可愛いオフィスカジュアル」として、こんなファッションを推奨している。

「フォーマルな雰囲気のネイビーや黒のシンプルなものは必須。少し慣れてきたら柄物ジャケットを買ってみて。内勤の日も多いなら、シンプルなものは2着、柄物は1着持っていれば十分」
「シャツやVネックニットは人とかぶりがち。差をつけるなら、断然ウエストマークのトップスです。細見えもするので露出の増える夏にも欠かせません」

――OLの視点から通勤服やご褒美アクセサリーのプロデュースを手掛けられると聞きましたが。

ayaさん「Instagramのフォロワーさんから、新しい商品の開発に携わらないか、というお声をいただいたのをきっかけなんです。素敵なご縁で、働く女性の目線から一緒にプロジェクトを立ち上げるが叶いました」

――実際に商品化されたものあるのでしょうか。

ayaさん「ちょうど明日(2021年5月14日)から第1弾として、ブラウス、スカート、ネックレスが発売されます。反響が大きければ、商品数やカラーバリエーションを増やしていきたいと思っています」

働く女性に指針示し、不安を和らげたい


「女性同士でも聞きにくいことを私が代弁してあげる」と話すayaさん
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル