top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日々使うものをデザインする。プロダクトデザイナーとして働くために知りたいこと

ホンシェルジュ

スマホやPC、生活家電に自動車、文房具まで、ありとあらゆる製品をデザインすることがプロダクトデザイナーの仕事です。専門的な知識と技術に加え、やはりセンス(いいデザインを見極める感覚)も必要になるため、憧れだけでは勤めきることは難しい仕事ですが、デザインを手掛けた製品がヒットした時は大きなやりがいがあります。デザイン部やデザイン事務所に勤め、その後独立して仕事をするという働き方も可能な職種です。本記事では仕事内容をはじめ、活躍の場、やりがい、資格、給与事情などの特に知っておきたい要点を紹介。もっと深く知りたい方は、関連書籍を紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

プロダクトデザイナーとは

デザインの仕事は、自身の思うがままにデザインを創り出すことではありません。使いやすさ、見た目のよさ、耐久性の高さなど、さまざまな視点から考え、依頼主あるいはその先の消費者に受け入れられるものをつくる必要があります。そんなプロダクトデザイナーの仕事は、制作工程も少なくありません。

本記事では、デザインの対象や作業工程といった仕事内容を紹介。さらに気になる就職先や資格についても解説していきます。

プロダクトデザイナーの仕事内容

プロダクトデザイナーがデザインするものは、身近にある生活用品から工業製品までさまざま。食器や文房具に玩具、スポーツ用品、家電製品、家具・インテリア、PC、スマホ、事務用機器、さらには自動車や飛行機など大型の輸送機器まで、多くの製品がデザインの対象です。

作業の流れ

依頼主からの発注後すぐにデザインに取り掛かることはありません。まずは依頼主にヒアリングをおこない、競合のリサーチをして、コンセプトを設計します。コンセプトが決まったらラフ案などをアウトプットしながらデザインを固めていきます。

実際の作業にはPhotoshop、Illustratorや2DCAD、3DCADのデザインソフトを使い、形状や機能、材質などを検討しながらデザインします。

広告の後にも続きます

そして出来上がったデザイン案は、設計士や工場の技術者の手に渡り製品となります。このようにデザインから製造まで多くの工程を経て、いよいよ流通されるわけです。

プロダクトデザイナーが活躍できる就職先

主な就職先は、メーカーの商品開発あるいはデザイン部門です。そこにプロダクトデザイナーとして就職し、経験を積んでいくのが一般的な流れです。ただし、デザインをアウトソーシングしている企業もあるため、プロダクトデザインを手掛けるデザイン事務所に所属し働いている方もいます。

プロダクトデザイナーのなかにはメーカーや会社員として経験を積んだのち、独立してフリーランス事務所を立ち上げる人もいます。

プロダクトデザイナーにおすすめの資格

プロダクトデザイナーになるために特別取得しなければならない資格はありません。ただし、就職や転職活動の際に活かせる民間資格はあります。その資格のひとつに、日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)が主催する「プロダクトデザイン検定」があります。客観的に実力を証明できる信頼性のある資格です。

プロダクトデザイン検定

プロダクトデザイン検定とは、プロダクトデザイナーとしての専門性を高めた方に向けた関連知識の理解度を評価する検定です。魅力ある商品づくりやデザイン、開発において必要不可欠なプロダクトデザインなど幅広い知識を習得することができます。

階級は、2種類あります。初学者、デザインに関する教養を身につけたい方におすすめの2級と、職業としてのデザイナーを目指し、商品開発をおこなっていきたい方に向けた1級です。

  • 1
  • 2

TOPICS