top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鹿児島城西vs神村学園

高校野球ドットコム

平良、値千金の決勝弾・鹿児島城西

 鹿児島城西と神村学園。同じ南薩地区の好敵手同士が初戦でぶつかる1回戦屈指の注目カードは、序盤から両者実力が拮抗し、1点を争う緊迫した好勝負となった。

 先制したのは鹿児島城西。3回裏、一死から3連打で満塁とし、5番・平良侑裕(3年)のショートゴロで先制。連続四球押し出しで2点目を挙げた。

 神村学園は序盤から得点圏になかなか走者を進められず、反撃の糸口を見いだせない。7回表、先頭の4番・前薗 奎斗主将(3年)がレフトオーバー三塁打で出塁。2つの四球で一死満塁とするも、代打攻勢が実らず連続三振で打ち取られた。

 追い込まれた神村学園だったが8回表、二死満塁と再びチャンスを作ると、6番・松岡 輝(3年)がセンター前2点タイムリーを放ち、ワンチャンスで同点に追いついた。

 これで一気に神村学園に流れが傾くかと思われたが、その裏、鹿児島城西は先頭の5番・平良が2ストライク追い込まれて3球目をレフトスタンドに運ぶ大会第2号ソロ。値千金の勝ち越し弾となった。

広告の後にも続きます

 9回表、神村学園は先頭の7番・甲斐田 紘整(3年)がレフトオーバー二塁打を放って、再び同点、逆転の足掛かりとしたかったが、後続を断たれ、初戦で涙をのんだ。

(文=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル