top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大島vs鶴丸

高校野球ドットコム

ボール見極め、畳みかける・大島

大島7点目

 大島は2回、相手のエラーで先制点を挙げる。

 なおも一死満塁と追加点のチャンスが続いたが、鶴丸は守備を立て直し、併殺で切り抜けた。

 3回まで大島の左腕エース・大野 稼頭央(2年)の前に3回までパーフェクトに抑えられていた鶴丸だったが、4回に4番・堀 峻太朗(3年)のセンター前タイムリーで同点に追いた。5回には1番・肝付迅(3年)がスクイズを決めて勝ち越しに成功した。

 5回までは鶴丸の先発・濱﨑春来(3年)の緩急を丁寧につけた投球の前に2安打に抑えられていた大島は6、7回に畳みかけた。

 6回表、一死からヒット、四死球で満塁とし、5番・瀧文汰(3年)が目の覚めるようなセンターオーバー二塁打で逆転に成功。瀧はボックスの後ろに立ってボールを長く見るよう工夫をし「打てるボールを打ち返した」。主軸の一振りで大島打線が勢いづく。

広告の後にも続きます

 6番・武田涼雅(2年)が犠牲フライで続き、7回は1番・丸田洋介(3年)のレフト線二塁打、6番・武田のレフト前2点タイムリー、押出しで4点をダメ押し。6、7回で6安打もさることながら、6四死球を選んでおり、春の県大会で課題だった「低めのボールをしっかり見極める」(瀧)ことができた。

 大島のエース大野は140キロ台に力強さを増した速球を中心に8回までを投げて、2失点で切り抜けた。

 鶴丸は2番手でリリーフしたエース堀が8回以降追加点を許さず、9回裏は野選で1点を返したが反撃もここまでだった。

(取材=政 純一郎)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル