top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【レポート】舞台「Another lenz」開幕!

2.5news

2021年5月15日(土)東京・新宿FACEにて、舞台「Another lenz」が開幕!

同じ台本でありながら、生観劇と生配信とで全く異なる作品に見える新感覚舞台【AD(Another Demention=別次元)×STAGE】。まるで別次元にあるような感覚に思わせ、生でも生配信でも観たいと思って頂ける、新しい舞台のかたちとして作品を作り上げます。

本作は、そんな【AD×STAGE】の記念すべき第一弾の演目。
脚本・演出を務めるのは、奇抜な発想を武器に次世代を担う演出家として注目されている磯貝龍乎さん。
主演は、俳優として舞台・映画の出演のみならず、声優としても活躍している太田将熙さんが務めます。

本稿では、ゲネプロ後に行われた囲み会見での出演者コメントと、ゲネプロの様子を写真(掲載数30枚)でお届けします。

登壇キャストより、ゲネプロの感想&見どころコメント

【左から】伊崎龍次郎、碕 理人、太田将熙、菊池修司、北澤早紀(AKB48)

松田 翔 役:太田将熙

広告の後にも続きます

ゲネプロは、とても緊張しました。今までの舞台とは違い、生配信としてカメラで撮っている裏側まで舞台でお客様が観ているので、やる事が多く難しい点もありました。

この舞台の見どころは「全部」だと思っています。僕の演じる松田は、良いやつに見えるけど闇を抱えていて、それが徐々にあらわになる。そして監督を演じるシーンもあるのですが、役の違いや、切り替え方などを観ていただけたら嬉しいです。

苅野優一 役:菊池修司

本作では、様々な角度から観られていることを考えながら演じないといけないので、その点が映像と舞台が融合した斬新な作品だと感じました。

個性豊かなキャラクターたちが魅力の舞台でもありますが、「生配信」と「生観劇」あわせて情報量が多い舞台となっています。
今回の観劇ではここを観てみよう、今回は生配信で観てみようといったように、様々な角度から観ることが出来るので、本作は今までにない舞台になっていると感じています。
沢山の方に、是非様々な視点で観ていただければと思います。

藤原タカシ 役:碕 理人

まずは、ゲネプロを無事終えられてホッとしています。
本番に向けてまだまだ調整しないといけないこともありますが、稽古を終えて、このメンバーで劇場に来れて、やっとスタートラインに立てたと思っています。
そしてこれからお客さんに実際に観ていただいて、やっと完成すると思っているので、全力で頑張っていきたいです。

僕が演じる藤原は、リアルを求めるあまり、どんどんスタッフに見放され最終的にとんでもないところまで行ってしまう役となっています。
「生配信」を観る人、「生観劇」で観る人と、そのふたつに別れると思いますが、常に全部見られていると考えながらしっかり演じたいと思います。
そして、森 賢治(演:山沖勇輝)との掛け合いも沢山あるので、是非こちらにも注目していただければと思います、よろしくお願いします!

須田愛菜 役:北澤早紀
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル