top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広島県産はっさくレモンアイスバー、セブンイレブン先行販売

広島ニュース 食べタインジャー

JA全農・JA広島果実連が共同開発した「広島県産はっさくレモンサワー」に続き、県産果実を使用した商品第二弾として

広島県産はっさく&レモンアイスバーが、2021年5月3日より発売されています。

はっさく(八朔)は1860年頃に広島県尾道市 因島で発見された、広島県原産の品種。旧暦の八月朔日(ついたち)になると食べられることから、その名前が付いたのだそう。

江戸時代から食されてきた「はっさく」ですが、収穫量はピーク時の約15%にまで減少しています。

一方でレモンの収穫量は広島県産が全国の約60%を占め、日本一。「広島県産はっさく&レモンアイスバー」は、そんな広島レモンと広島はっさくを掛け合わせた商品。

広告の後にも続きます

広島県産はっさく&レモンアイスバーは、はっさく果汁32%(5倍濃縮果汁5.2g)レモン果汁7%(5倍濃縮果汁1.1g)入り。

果汁感たっぷりで、はっさくのほのかな苦味も感じられるアイス。シャーベットのようなシャクシャクとした食感です。

広島県産はっさく&レモンアイスバーは、中四国・九州地区のセブン‐イレブン約1800店で先行販売中。(店舗により取扱いのない場合もあり)

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル