top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「カレーの調理音」でライブ演奏 謎の前衛アーティスト「ノイズカレー」の正体とは

J-CASTニュース

薄暗いライブハウスに響き渡る、断末魔の叫びのような音。この音を生み出しているのは、ギターでもベースでも、キーボードでもない。

カレーだ。

カレーの調理音で音楽を奏でているのは、ノイズミュージック・アーティストの「ノイズカレー」。調理と音楽を融合した独創的なパフォーマンスで、東京のライブシーンでひそかに注目を集めている存在だ。

J-CASTニュースが、謎多き前衛アーティストの正体に迫った。

ネット上に数々の演奏動画

ノイズミュージックとは、生活上の雑音や自然音など、本来ならば音楽的要素が見出されない音を用いて、音楽を作り出すジャンルだ。

広告の後にも続きます

世の中のノイズ・ミュージシャンがそれぞれの解釈で「ノイズ」を奏でる中、ノイズカレーは「カレーの調理音」に音楽性を見出した。ステージ上で野菜を切ったり、鍋で炒めたり…ノイズカレーのパフォーマンスでは、そうした音をマイクが拾い、エフェクターを通じて様々な音に変換。叫び声やBGMとともに、演奏を構成する。

ネット上には、ノイズカレーの演奏動画の数々がアップロードされている。YouTubeに投稿された過去のライブ動画では、穏やかな調理風景が一転、轟音と発狂が入り混じるカオス空間に変貌する、圧巻のパフォーマンスを見ることができる。

ツイッター上では、披露宴の余興だろうか、タキシードと白いドレスに身を包んだ新郎新婦の前でパフォーマンスをしている動画も確認できる。

「度肝を抜かれました」

今から2年前の19年4月、ノイズカレーのパフォーマンスを間近で見た人がいる。世界の打楽器事情に詳しい「打楽器マニア」のサカンさんだ。当時、他の出演バンド目当てにライブハウスへ足を運んだところ、ノイズカレーのパフォーマンスに遭遇。21年5月11日、J-CASTニュースの取材に対し、当時の印象をこう振り返った。

「度肝を抜かれました。調理の音はとてもリズミカルで、まるで音楽のように聞こえる事がありますが、まさか調理する事そのものを音楽的パフォーマンスにする方がいらっしゃるとは思いもよりませんでした」

実はノイズカレー、これまでもツイッター上でたびたび注目を集めてきた。2021年4月にアップされた演奏動画に対しては「マジで謎くて最高」「なにこれ…めっちゃかっこいいんっすけど…」「ライブハウスで見たい」「この世界は広いんだと再認識しました」などの反響が。海外ユーザーからも、

「Ohh, dinner and a show!」(なんてこった!ディナーとショーを両立してやがる!)
「dope」(イカれてるぜ)

など驚きの声が相次いだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル