top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

快適な旅行をサポートする「旅の案内役」。ツアーコンダクターに必要な資格と取得のタイミング

ホンシェルジュ

すでにスケジュールが組まれたツアーや団体旅行などに同行する職業をツアーコンダクターと呼びます。添乗員やツアーリーダーと呼ばれることもあり、旅行客が快適に楽しい旅行ができるように「旅の案内役」としてさまざまな仕事をおこないます。実は、ツアーコンダクターとして働くためには、国内旅程管理主任者・総合旅程管理主任者といった国家資格が必須です。受験時に旅行業に従事していれば誰でも数日で取得可能なので、ぜひ取得を目指してみてください。本記事では、そんなツアーコンダクターのなり方や資格の取得方法、収入事情、未経験からの転職内容まで詳しく解説していきます。記事最後には参考となる書籍もご紹介しています。

ツアーコンダクターとは

ツアーコンダクターは、日本語で添乗員と呼ばれます。主に、団体客のツアーの始まりから終わりまでを運営します。スケジュールの管理、宿泊場所や飲食場所の手配、お客様の安全管理、その他さまざまな手続きなどをおこない、当日も同行します。

営業からツアーコンダクターがおこなう場合もあり、営業力、判断力、行動力、体力と複数の能力を求められるハードな職種です。

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの仕事は、大きく3つに分けられます。

ツアーの計画・準備

1つ目は、ツアーコンダクターの仕事のなかで重要な要素を占めているツアーの計画および準備です。お客さんにとって満足度の高いツアーになるかどうかは、ツアーの内容や手配が十全かどうかに左右されます。

旅行先の基本情報を頭に入れたり、ツアー内容に含まれている参加イベントのチケットの手配、参加顧客のリスト確認などをおこないます。お客さんからの質問も想定して、解決できる回答を準備することもあります。トラブルが起きた時の対応も決めておく必要があります。

ツアー当日の進行管理・サポート

広告の後にも続きます

2つ目は、ツアー当日の進行管理・サポートです。ツアーをスケジュール通りに終了させるためには、時間管理・進行管理が欠かせません。すべてのお客さんがツアーコンダクターの指示通りに動いてくれるとは限らないので、そういった場合も想定しながら管理をおこないます。

またトラブルが起きないよう先導したり、出発時の点呼などもおこないます。

報告書の作成、精算

3つ目は、ツアー終了後の報告書の作成と精算です。ツアーの内容をよりよくするため、またトラブルが起きてしまった場合は起こさないための対処法を考えるため、ツアー終了後の報告書の提出は重要な業務のひとつです。

ツアーの準備から終了後の報告までをおこなって、やっとひとつのツアーに必要な業務が完結します。

添乗員資格取得のタイミング

添乗業務やスケジュール管理、各種予約などをおこなうツアーコンダクターになるには、資格取得が必須です。国内旅行に添乗するには「国内旅程管理主任者」、海外旅行に添乗するには「総合旅程管理主任者」という資格が必要となります。

資格取得のタイミング

資格取得には2つのタイミングがあります。ひとつは、専門学校や大学で学び資格を取得する方法で、もうひとつは企業に入社または派遣会社に登録した後に取得する方法です。

  • 1
  • 2

TOPICS