top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

村岡由梨による『透明な私』が、世界最古の歴史あるオーバーハウゼン国際短編映画祭インターナショナル・コンペにてグランプリ受賞!スピーチ到着!

cinefil

村岡由梨の映像作品「透明な私」が第 67 回オーバーハウゼン国際短編映画祭インターナショナル・コンペティションにてグランプリ(Grand Prize of the City of Oberhausen)を受賞したことが報告されました。

オーバーハウゼン国際短編映画祭は 1954 年に創設され、毎年ドイツ・オーバーハウゼンで 行われる世界最古の短編映画祭の一つで、各国から 6,000 件以上の応募作品が集まり 18,000 人の観客を動員する映画祭です。様々なジャンルから前衛的、実験的な作品に特に注目することで知られています。本年度は新型コロナウィルスの感染拡大によりオンラインで開催されました。
以下受賞スピーチが到着しました。

広告の後にも続きます

村岡由梨 受賞スピーチ

村岡由梨です。
この度は素晴らしい賞を頂き、誠にありがとうございます。
これが夢ではないなんて、信じられません。
今の私の気持ちをうまく表現する言葉が見つかりません。

世界が厳しく困難な状況に直面する中、
オーバーハウゼンのように、大きく歴史のある映画祭が
私の、ささやかで個人的な作品に注目したことには大きな意味があると思っています。

審査員の皆様とフェスティバルチームに深く感謝いたします。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル