top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

航空決算、コロナ禍で空前の赤字 ANAとJAL、急回復の「頼みの綱」はワクチン接種

J-CAST会社ウォッチ

全日本空輸(ANA)を傘下に置くANAホールディングス(HD)、日本航空(JAL)の2大エアラインの2021年3月期決算は、そろって空前の赤字を記録した。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で最もダメージを被った業種の一つだけに、厳しい結果になったが、22年3月期は旅客が戻ることなどを見込んで黒字転換も目論む。多くの従業員を他社に出向させるなどして固定費の削減に努める非常事態の下、需要回復の前提が崩れる恐れもあり、薄氷を踏むような厳しい状況が続く。

JAL、再上場後で初の赤字

ANAホールディングス(HD)と日本航空(JAL)、両社の21年3月期連結決算をみてみよう。

ANAHDが4月30日に発表した2021年3月期決算は、売上高が前期比63.1%減の7286億円、最終(当期)損益は4046億円の赤字(前期は276億円の黒字)と、過去最大の赤字だった。

コロナ禍にあって、海外の渡航規制や国内の緊急事態宣言などで、国際線の座席利用率は19.6%、国内線は43%と採算ラインの6割を大幅に割り込んだ。旅客数は、国際線が95.5%減と需要の「蒸発」といえる状況になり、国内も70.5%減った。

広告の後にも続きます

旅客収入は国際線92.7%減の447億円、国内線70.1%減の2031億円。機材整備費や人件費など約5900億円のコスト削減に努めたが、追いつかなかった。

JAL(5月7日発表)は、売上高が前期比65.3%減の4812億円、最終損益は2866億円の赤字(前期は480億円の黒字)と、2012年の再上場後で初の赤字になった。旅客数は、国際線96.0%減、国内66.5%減、旅客収入は国際線94.3%減の279億円、国内線67.2%減の1740億円と、ANAと同様の落ち込みになった。

このように、厳しい結果ではあるが、一時よりは復調しているのは事実。ANAHDは20年10月時点で5100億円の赤字、JALも21年2月時点で3000億円の赤字と予想しており、それぞれ1050億円、130億円、赤字幅が縮小している。

ANA、海外貨物は好調

問題は今期(2022年3月期)以降だ。

ANAHDは売上高が前期比89%増の1兆3800億円、最終損益は35億円の黒字になるとの見通しを示している。前提は、(1)国内線は7月以降に旅客数が回復し、期末におおむね新型コロナウイルス感染拡大前の水準に戻る(2)国際線は期末時点でコロナ禍前の5割程度に回復(3)通期の旅客数は国内線がコロナ前の19年の年間に比べて2割減、国際線が7割減(4)国際貨物の売上高は前期比23%増の1970億円と過去最高になる――など。貨物については新たな貨物便を米ロサンゼルスに就航させるなど、すべての貨物専用機を需要が旺盛な成田空港の発着路線とし、事業の拡大を目指す。

JALは今期の業績見通しの開示を見合わせた。合理的な数値の算出が困難なためとしていて、国内外の感染状況やワクチン接種の進捗などから、航空旅客需要の回復が一定程度見極められた段階で、速やかに業績予想を示すとしている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル