top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「構想10年 設計3年」 LEGOビルダーがMS「リック・ディアス」をレゴブロックで完全再現

おたくま経済新聞

 様々な形状のブロックを組み上げることで、もの作りが楽しめる「LEGO」(レゴブロック)。北欧デンマーク発祥で、世界中に多くのファンを有しています。

 日本でも子ども向け玩具の定番として親しまれていますが、同時にレゴを用いた様々なファンアート作品が生み出されているのも特徴。グローバルブランドがゆえ、その作品群はよく話題になりますが、先日もあるビルダーが作り上げた作品がネット上で注目を集めました。

【元の記事はこちら】

 「レゴで作るリック・ディアス、完成しました!頭頂高50cm、総重量4.5kgのデカブツとなっております」

広告の後にも続きます

 Mokoさんが自身のTwitterに投稿したのは、機動戦士Zガンダム(1985年3月~1986年2月放映)に登場するモビルスーツ(MS)「リック・ディアス」をレゴで再現したもの。「元から大好きな機体なんです」と語るほど、思い入れのある機体なのだそうです。

 リック・ディアスの設定上の頭頂高は約20メートルほど。そしてMokoさんは、つぶやきにもある通り50センチメートルの頭頂高で再現しています。つまり“ガンプラ的”にいうと、40分の1スケールで作り上げていることになります。

 またレゴで組み上げているので、当然ながらガンプラのようなひとつひとつのパーツが「正規品」ではありません。しかし、Mokoさんの一連の作品に関する投稿に写し出されているそれは、ある意味でガンプラを凌駕するほどの精巧さ。

 リック・ディアスは、全身が「赤」もしくは「黒・グレー」の2タイプにて劇中に登場し、合わせて商品展開もされていますが、今回Mokoさんは、クワトロ・バジーナ(シャア・アズナブル)が主に搭乗した前者の赤を選択しています。

 「ゴツい」とも形容されそうな、ずんぐりむっくりとした体躯が特徴的なリック・ディアスですが、そんなぱっと見の外観に加え、「ビームピストル」を収納した背部のバックパックや、メイン武装の「クレイ・バズーカ」、緑の単眼のモノアイを克明に再現。さらにモノアイについては、発光もするというんだからおそれいります。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル