top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「腹痛の中乗った国際線は、3列シートの真ん中席。通路側の乗客は『トイレの時は起こせばいい』と言ったのに…」(大阪府・20代女性)

Jタウンネット

飛行機の窓際、真ん中席に座った場合、尿意や腹痛とともにある悩みが噴出する。

それは、「トイレに行きづらい問題」だ。

お隣さんが気持ちよさそうにスヤスヤしているところを、ポンポン。

「すみません」と声をかけ、身体がぶつからないように、席から離れる。テーブルが出ている場合は、それもしまってもらわなくては。

そして、トイレから座席に戻る時にも、同じことの繰り返し――。

広告の後にも続きます

海外旅行といった長時間のフライトだと、真夜中に相手を起こさないといけないケースもあって、頻尿気味の筆者は憂鬱になる。

みなさんには、そんな経験ないだろうか。

Jタウンネット編集部宛に1通のメールを寄せた大阪府在住のHさん(20代女性)は、この問題をめぐって、「通路側席の乗客」にイラっとしたことがあるという。

3列シートの真ん中に座っていた彼女は、当時少しお腹が痛かったそうで…。

「トイレはいかなくていいんですか」と真夜中に…

「海外旅行の帰りの飛行機内で起きた、イラっとした出来事です。夜中発、日本行の便でした。

座席は窓側が母、真ん中が私、通路側が何かのツアー客の1人、40代後半の女性客でした。

夜中ということもあり機内で寝る人は多かったです。

そんな中私は、少しおなかの調子が悪かったんです。何度もトイレに行くたびに、通路側の方を起こすのは申し訳ないと思い事情を説明して、席を変わってもらえないか打診しました。ですが、

『そんなの起こせばいいじゃない』

とお断りされてしまいました」

いつトイレに行きたくなるかわからないという状況の中、真夜中の便は離陸しかけたという。

すると通路側席の乗客は、コクリコクリ…。トイレに行きづらい状況である。でも、Hさんはトイレに行きたくなり、申し訳ないと思いながらも声をかけて、通してもらったという。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル