top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渋沢栄一の子どもが見た、「偉大な父」の困った性格

BOOKウォッチ

父 渋沢栄一(実業之日本社)<amazonで購入>

渋沢栄一の『論語と算盤』を読んでいて、「えっ?」となった箇所がある。

「(自分の子どもたちは)今のところでは、とにかく、私と違った所がある。この方は、私と父とが違った違い方と反対で、いずれかと申せば劣る方である」

オレは父と違って優秀だったが、子どもたちはどちらかと言えば自分よりも劣っている、というのである。もちろん、渋沢の偉大さは誰もが認めるところだが、こう書かれては、子どもたちがちょっとかわいそうだ。

そんな彼らは、「偉大な父」のことをどう思っていたのだろうか。それがうかがえるのが、息子・渋沢秀雄の書いた伝記『父 渋沢栄一』(実業之日本社文庫)だ。

家族にも呆れられた「女好き」

栄一には成人した子どもだけでも、最初の妻・千代(NHK大河ドラマ「青天を衝け」では橋本愛さんが演じる)との間に一男二女、2人目の妻・兼子との間には三男一女があった。

広告の後にも続きます

秀雄は、そんな渋沢家の四男で、なんと栄一52歳の時の子どもだ。父と同じく実業界に進み、田園調布エリアの開発などで活躍、のちには東宝の会長などを務めた。

『父 渋沢栄一』で特に面白いのは、終盤の「家庭メモ」と題された一章だ。この章では秀雄の目から見た、家庭での栄一の姿が、あけっぴろげに描かれている。

たとえば、栄一の「女好き」ぶりをめぐるエピソードの数々だ。いくつか引用すると――。

知っている人も多いかもしれないが、栄一は妻以外にも多くの愛人を抱えていた。相手は芸者、女中など幅広く、その間に生まれた子どもも少なくない(合計20人ほどとも)。秀雄の同級生にもこうした子どもがいて、「半分他人のような、半分兄弟のような」関係だったという。

しかも栄一はまめな性格なので、こうした愛人の元に通ったこともしっかり日記に残す。ただ、さすがにばつが悪いのか、日記では「一友人を問う」。日記をのぞき見した秀雄は、思わず苦笑いしてしまう。

ある晩、栄一の会社でトラブルが起きた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル