top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

子供の心を育てる一端を担う司書教諭。必要な2種類の資格と実務の現状の課題

ホンシェルジュ

司書教諭は、学校図書館を舞台に子どもと本と関わる仕事です。教員と司書という2つの顔を持ち、子どもと本を繋げ、教育に携わる大切な役割も持っています。実は司書教諭としての就職はなく、基本的には教員として採用された方のなかで「司書教諭資格」を取得している方が任命される流れになっています。ですのでまずは、教員免許の取得を目指すことが第一です。本記事では、司書教諭の仕事内容やなり方、必要な資格の種類、年収事情、向いている人の特徴などを詳しく解説しています。司書教諭の仕事、図書館に関わる仕事に興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

司書教諭ってどんな仕事?

司書教諭は、小学校や中学校、高等学校、特別支援学校に設置されている学校図書館で活躍しています。

業務内容としては、学校図書館を利用する人に対して、図書の貸出や返却をしたり、図書館にそろえる書籍を選んだり、整理整頓したりするなどの仕事をおこないます。学校図書館を舞台にしたイベントの企画や運営計画の立案なども欠かせない仕事です。

学校図書館は子どもが本に触れる大切な場所であり、教育に関わる施設として、読みたい本を探しやすく、快適に読書できる環境を作ることが求められます。

司書教諭という名前にあるように、司書教諭は学校図書館の司書と教師という2つの顔を持つ職業です。司書の仕事だけでなく、ひとりの教師として教科指導や生活指導、部活の顧問など幅広い仕事があります。

司書教諭と図書館司書、司書補、学校司書の違い

「司書」という名前が付く仕事は、司書教諭のほかに図書館司書、司書補、学校司書があります。司書教諭とどんな違いがあるのか、明確に説明できる方は少ないかもしれません。

広告の後にも続きます

この章では、図書館司書・司書補との違い、学校司書との違いをそれぞれご紹介します。

司書教諭と図書館司書・司書補の違い

司書教諭と図書館司書・司書補は、働く場所が異なります。司書教諭は、学校図書館、図書館司書・司書補は公立図書館や専門図書館などが活躍する場所です。

司書教諭は、子どもや教員など学校に関わる人と接することになる一方で、図書館司書・司書補は読み聞かせイベントなどで子どもと接することもありますが、図書館を利用する老若男女にサービスを提供します。

司書教諭と学校司書の違い

司書教諭と学校司書は、どちらも学校図書館で働いています。一見、同じ職業のように感じますが、実は違う職業です。司書教諭は、教員として学校に採用され、司書教諭資格を持った人が任命されるのに対して、学校司書は事務職員として学校図書館に採用されます。

学校司書は学校図書館の仕事がメインですが、司書教諭は学校図書館の仕事と並行して、教師としての仕事も幅広くこなす必要があります。

司書教諭になるには。必要な2つの資格

司書教諭は、学校図書館法という法律によって、12学級以上の学校に配属することが義務付けられています。学校は司書教諭として人材を採用するのではなく、教員として採用した人材のなかから、司書教諭資格を持った人材を学校図書館の担当に任命するのです。

  • 1
  • 2

TOPICS