top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

フィンランドの「掃除の女王」、無料で高齢者のお宅を綺麗にお掃除

カラパイア

cover_e
image credit:aurikatariina/Instagram

 こびりついた汚れや散らかった部屋の掃除を一度に済ませようとすることは、それなりの労力を必要とする。まして、掃除好きでなければつい面倒くさいと思ってしまうことだろう。

 フィンランドの「掃除の女王」という異名を持つオーリ・カトリーナさんは、去年からTikTokに無料で他人の家の掃除をしている動画をシェアしており、現在380万人ものフォロワーを抱える大人気の掃除人だ。

 このほど、カトリーナさんは自分たちで掃除ができなくなった老夫婦のお宅を訪問。整理整頓されてピカピカに磨き上げられた家の変わりように、老夫婦は感激の涙を流したという。『Mirror』などが伝えている。

自称「掃除の女王」が無料で他人の家を掃除


 フィンランドの第2の都市と言われるタンペレに住むオーリ・カトリーナさん(27歳)が、掃除の楽しさに目覚めたのは14歳の時だ。

 初めて掃除の仕事をしたカトリーナさんは、それ以来掃除をすることが大好きになり、趣味としてこれまでにも友人宅や身内の家をせっせと掃除してきたという。

 去年6月にTikTokアカウントを立ち上げ、掃除の動画をシェアし始めたところ、あっという間に注目を集めた。

この投稿をInstagramで見る

𝘈𝘶𝘳𝘪(@aurikatariina)がシェアした投稿


 アメリカのテレビ番組でもその活躍が取り上げられたカトリーナさんは、新しい彼女ができた元カレの家までも、彼らの旅行中に無料で掃除をしてあげたと明かし、司会者らを驚かせた。

この投稿をInstagramで見る

𝘈𝘶𝘳𝘪(@aurikatariina)がシェアした投稿


 つい最近には、年老いて掃除ができなくなっていた老夫婦の家を訪問し、驚くほど綺麗に掃除をしたことで、多くのユーザーらから称賛の声があがった。

@aurikatariina

This lovely was crying from happiness 🥺👵🏻🙏 I just LOVE to help people ❤️ ##elderly ##helping ##homecleaning ##takecare ##satisfya ##satisfyingvideo

♬ Home – Edith Whiskers

夢は世界中のお宅を綺麗にすること


 4月11日、カトリーナさんはTikTokに動画をシェアし、80を超えた老夫婦宅を無料で掃除したことを明かした。

 この老夫婦には、今まで掃除を手伝ってくれるような人がいなかったという。カトリーナさんは、トレードマークにしているキュートなピンクの手袋をはめて、冷蔵庫の中の古くなった食べ物を廃棄し、キッチン周りの頑固にこびりついた汚れを落とした。

 更には、部屋の隅々を綺麗に磨き上げ、散らかったものを整理整頓。動画には、そのビフォア・アフターの違いが明らかであり、カトリーナさんは「これまでで最も満足のいく掃除の日でした」と綴っている。

 老夫婦は、綺麗になった家を見て、感激のあまり涙を流したそうだ。

 この動画を見た多くのユーザーがカトリーナさんの無料の奉仕に胸を打たれ、TikTokではより一層「うちにも掃除に来て!」といった声が世界各地から寄せられたという。

この投稿をInstagramで見る

𝘈𝘶𝘳𝘪(@aurikatariina)がシェアした投稿


インドやフィリピン、アメリカなど、あらゆる国から来られるなら是非来てほしい!という掃除依頼を受けて、とても光栄です。

今はまだ無理ですが、いつかそんな日が来ればいいなと思っています。私の夢は、世界中の家を掃除して回ること。私は、どんな汚れも恐れません。むしろ汚れが私を恐れています。

より汚れた家ほど、やり甲斐が出て掃除に燃えます(笑)

 このように話すカトリーナさんは、困った人を助けるのが昔から大好きだったそうだ。

 自称「掃除の女王」は「世界一綺麗好き」と自負しており、クリスマスの度に身内や友人に「掃除券」をプレゼントして喜ばれているという。

この投稿をInstagramで見る

𝘈𝘶𝘳𝘪(@aurikatariina)がシェアした投稿


 現在、380万人のフォロワーを持ち、国内から掃除依頼がひっきりなしに舞い込んでいるというカトリーナさんのTikTokやインスタグラムアカウント『aurikatariina』では、掃除に精を出すカトリーナさんの様子や掃除の秘訣などが閲覧できる。

 掃除嫌いの人もいれば大好きな人もいる。日本にも「掃除の女王」もしくは「掃除の帝王」はきっといるはずだ。そしてきっといつか、私の家をきれいに掃除してくれることを夢見て、泣きながら猫が家じゅうに散乱させている砂を拾い集めていこう、そうしよう。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル