【絶対ダメ】暑い日ペットを車内に30分放置したらどうなるか…獣医さんがペットのかわりに自ら検証したけどトンデモナイことに!!
【絶対ダメ】暑い日ペットを車内に30分放置したらどうなるか…獣医さんがペットのかわりに自ら検証したけどトンデモナイことに!!
うだるような暑さで、お外はどこもサウナ状態な毎日が続きますね。そんな気温が高い日はヒトはもちろん、ペットを車内 […]

うだるような暑さで、お外はどこもサウナ状態な毎日が続きますね。そんな気温が高い日はヒトはもちろん、ペットを車内にお留守番させるのはキケンですよー!

「少しの間しか離れないから」「窓を少し開ければ大丈夫」なんて軽い考えにNOを突きつけるのが、今回ご紹介するこちらの動画。駐車した車の中で30分過ごしたらどうなるか、それがいかに危険か……をアメリカの獣医さん、アーニー・ウォード先生がペットのかわりに身をていして検証しています。検証結果にヒヤッとするかも〜!!

【みるみるだるさが増してゆく様子にゾクリ】

暑い日、屋根のない駐車場に車を止めて乗り込み、検証スタート。

窓はすべて3センチ程度開けてあります。検証開始時点の車内の温度計は約35度を指しています。もう十分に暑いけどウォード先生は大丈夫かな……と最初から心配してしまいます。

5分経過しただけで車内温度は約38度に上昇。窓を少し開けているものの、風はまったく通らない! 空気の流れない暑い車内、息苦しさが増すようです。ここで早くもひとつのことがわかりました。「2、3センチ窓を開けただけではまったく無意味」!!! ビックリです!

さらに検証は進み、10分経過時点で車内は約41度。先生の表情がますます険しくなっていきます。先生曰く「窓の外で木の葉っぱが風に揺られるのを見ると、少しも風を感じられない状況にイライラするし、もし僕が犬だったら不安になって吠えるだろうね」とのこと。残り20分を残して「今更だけど、後悔してる」とこぼす姿にエールを送りたくなりますっ。

【検証終了後、先生の言葉が刺さる】

15分の時点で約43度、20分で約44度、25分で約45度と着実に車内は温度上昇中。「子犬や老犬なら深刻な問題になるのは間違いない状況」みたいですが、犬やペットだけではなく、人間の子どもやご老人でも危ないレベル! 25分時点で洋服の色が変わるほどに汗をかいていて、状況説明をする余裕もなくなってきているのが見て取れます。

ついに30分経過し車内は約46度、まさに灼熱地獄! それでも先生は検証結果を冷静に分析します。「どれだけ絶望的で、恐ろしいと感じるか、想像できた。飼い主はいつ戻ってくるかわからない、でも暑さで少しずつ確実にエネルギーと命が削られていくんだから」

そして、こう続けます。「『少しのあいだ離れてただけだよ』とか、『窓開けといたし。今日は風のある日だし』なんて言い訳は完全に無意味です。ペットを停めた車の中には絶対に、絶対に置かないで」……自らの体験に基づく説得力あるお言葉に、ただただ同意してしまうのでした。

ペットの車内放置はダメ、ゼッタイ!! そしてウォード先生、本当にお疲れさまでしたっ。

参照元:YouTube
執筆=入江ゆうり

(更新日:2018年7月23日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME