top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【第12回】みうらじゅんのグレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ アーカイブ

キネマ旬報WEB

2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえました。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、本キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。

 第11弾は、衛星劇場の協力の下、みうらじゅんがロマンポルノ作品を毎回テーマごとに紹介する番組「グレイト余生映画ショーin日活ロマンポルノ」の過去の貴重なアーカイブから、公式書き起こしをお届けしたします。(隔週更新予定)

「グレイト余生映画ショー in 日活ロマンポルノ」も12回目をむかえました。1年やったということですよね。そりゃ歳もとりますわ。でも、映画の中の人はいつまでも歳をとらず、永遠であるという所にグッとくるわけでございます。さあ、私の日活ロマンポルノベスト4本をお送りしたいと思います。

まれた瞬間から始まる、余生へのカウントダウン。残された人生をハッピーエンド&グレイトにすごすため、戦う男たちの永遠のバイブル!日活ロマンポルノ青春ロードショー!今宵お送りするのはみうらじゅん「THE BEST」。困った時はこの1本。絶対裏切らない、とっておき厳選セレクション超豪華決定版!人生を変えた永遠のアンソロジー、出会った頃のあのトキメキであともう一発!おかんは嘘をもうしません。日本人よ、これがポルノだ。 

やはりグッとくる作品というものはいつ観てもグッとくるものでございます。当然、一本目は『生贄夫人谷ナオミさんですよ。この作品は、東てる美さんのデビュー作でもありますね。

広告の後にも続きます

さて、僕の脳内天国に今も残るシーンを描いてみましたので見て下さい。

ほとんどラスト近くなんですけど、このシーンは当時、観た時から強烈ですね。和服姿のナオミさんが便器にまたがっておられるというね。いやぁ、脳裏に宿便のようにこびり付いていますよ、本当。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル