top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【スズキのコンパクトカー人気車種一覧比較】燃費や価格に対する評判は?

MOBY

ソリオ/ソリオ バンディッド

スズキ ソリオ
モデルチェンジ:2020年12月
新車価格:158万から

ソリオとソリオバンディッドの違いは、極めてスタンダードなソリオと、スタイリッシュにドレスアップしたバンディットとなります。基をたどれば、ワゴンRの普通車モデルの位置づけで、後にワゴンRソリオとなり、ソリオとして独立したモデルです。

こんな人にオススメ

リアに採用されるスライドドアは、ファミリー層向けの装備といえますが、スノーボードや自転車などを積むときにも、広い開口部が重宝します。極めて一般的な、快適性を重視したコンパクトカーです。しかしながら、軽自動車を長く生産するスズキは、小物収納や、空間を上手に活用するノウハウがあります。

加えて、先進安全機能や、多彩なシートアレンジなど、スノーボードや折り畳み自転車などの大物や、大人数でのドライブにも十分に対応する室内空間を持っています。

【スズキ ソリオ 新型発表!12/4発売】158万円からでマイルドハイブリッドを主軸|速報

クロスビー

スズキ クロスビー
発売:2017年12月
新車価格:180万円から

ハスラーを一回り大きくしたような見た目の、アイコニックな1台です。ソリオに比べ、ポップなデザインは対照的ですが、ソリオと同じHAERTECT(ハーテクト)を採用した1台です。そして、貴重な5ナンバーサイズSUVの1台となっています。

こんな人にオススメ

かつて沢山あった5ナンバーSUVですが、現在は非常にすくなくなってしまい、貴重な1台となりました。

広告の後にも続きます

ハスラーは、アイコニックな見た目と共に、遊び心を重視した1台です。夏はキャンプに、冬はスノーボードにと、アクティブに遊びたい人向けの車に仕上がっています。SUVは車高が高いイメージがありますが、クロスビーは乗り降りのしやすい仕様となっており、子供の乗り降りなどがしやすいというメリットがあります。

【スズキ新型クロスビー 細かすぎる試乗レビュー】良い評価と悪い口コミを検証!

イグニス

スズキ  イグニス
発売:2016年2月
新車価格:152万から

イグニスは、ハスラーとエスクードの中間に位置するSUVです。そこか古めかしさを感じさせるデザインを、うまき近代的にまとめたアイコニックな仕上がりをしています。
テールライトのデザインは、同社の軽自動車が360cc時代につくられた、セルボにそこはかとなく似ています。

こんな人にオススメ

イグニスは、特徴的なデザインをしており好き嫌いが分かれるかもしれません。しかし、その内容は何が悪いということも無く、日々の買い物から、旅行までこなせる十分な相棒になるだけの性能を持っています。その特徴的な見た目は、噛めば味の出るスルメのように、じわじわ気に入ってくるかもしれません。

スズキ・イグニスがマイナーチェンジ!内外装変更やSUV色強い新グレード追加

スイフト/スイフト スポーツ

スズキ スイフト
モデルチェンジ:2017年1月
新車価格:153万から

初代スイフトは、Keiを乗用車化したモデルで、正直にあまり人気の車種ではありませんでした。人気が出たのは2代目以降で、当時のヴィッツや、フィットに肉薄する人気車となります。その乗りやすさは、レンタカーにも採用されるほどです。

こんな人におすすめ

スイフトの標準モデルは、レンタカーにも採用されるほど乗りやすく、流通量が多いので部品の流通も多く、修理しやすい車です。そのため、免許を取ったばかりや、ペーパードライバーからの復帰にはうってつけです。

かといって普通の車といっただけに留まらず、スポーツモデルもあり、こちらも走るのが好きな人に、人気の出た1台です。スポーツモデルですが、素性の運転しやすさがが、活きているのが良いポイントです。

次期スイフトスポーツはEV化?!新開発プラットフォーム採用でワイドボディに

ジムニーシエラ

スズキ ジムニーシエラ
モデルチェンジ:2018年7月
新車価格:179万から
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル