top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

三菱パジェロが遂に消滅…ファイナルエディションの存在が判明か

MOBY

三菱パジェロが生産終了か

現在オーストラリアで販売されている三菱 パジェロ
現在オーストラリアで販売されている三菱 パジェロ

日本での生産終了後、オーストラリアをはじめとするオセアニア市場などで生産されてきた三菱 パジェロが販売を終了する可能性があります。

ファイナルエディションは、オーストラリアだと800台ほどが用意されているとのこと。

三菱GTO復活新型「4000GT」が登場か!デザイン予想CGを入手

パジェロ ファイナルエディション(国内仕様)のロゴ
パジェロ ファイナルエディション(国内仕様)のロゴ

現在販売されている全グレードを対象に、ファイナルエディションのバッジやボンネットプロテクター、カーペットマット、カーゴライナーといった専用装備が設定されるとしています。

上記以外の内外装やパワートレインの仕様は現地で販売されている現行モデルと変わりないようです。

広告の後にも続きます

ファイナルエディションが発売する背景として、SUV人気がクロスオーバーモデルにシフトしていることに加え、パジェロを生産する設備の交換費用に莫大なコストがかかることが挙げられます。

三菱 次期型ランエボの予想CGを入手!最新グリル採用の高級スポーツに?

実質的な後継車はパジェロスポーツ

現在オーストラリアで販売されている三菱 パジェロスポーツ

パジェロが生産終了したとしても、パジェロの車名が途切れるわけではありません。実質的な後継車種としてパジェロスポーツの存在があります。

かつてパジェロスポーツは、国内で「チャレンジャー」として販売されていたモデルで、日本では2001年まで販売されていました。

現在は世界戦略車として位置づけられており、新型アウトランダーやエクリプスクロスなど、近年の三菱車に見られる新しいフロントデザイン「ダイナミックシールド」を採用しています。

出典:三菱自動車 2020年度決算報告資料

2021年5月11日に公開された決算資料報告資料においても、ASEAN市場における「三菱の柱」として掲げられています。

このことからパジェロスポーツが今後の三菱における主力車種のポジションに置かれていることは間違いありません。

ついに三菱がラリーアートの復活を発表!新型EV投入やe-POWER設定も

日本では2019年に生産を終了

4代目パジェロ ファイナルエディション(国内仕様)
4代目パジェロ ファイナルエディション(国内仕様)
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル