top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

竜巻発生ランキング!最多北海道、最少大阪と広島 なぜ?

防災ニッポン

気象現象の中でも特に破壊力がある竜巻。実は、竜巻が多い地域と少ない地域があるのをご存じですか?都道府県でみると、最も多いのは北海道で、最も少ないのは大阪府と広島県です。四国では高知県だけが突出して多いです。このような差はどうして生まれるのでしょうか。この記事では、竜巻発生数に基づく都道府県ランキングを紹介し、竜巻が多い地域と少ない地域の差について解説します。

竜巻が多い都道府県ランキング

竜巻とは、積乱雲に伴い発生する激しい渦巻きのことです。
日本では季節問わず全国で発生していますが、竜巻の発生地域にはばらつきがあります。まず竜巻が多い都道府県をランキングにしてみました。

以下が、竜巻の多い都道府県上位15位と、その気候や地理的な特徴をまとめた表です。

(参照:気象庁「竜巻等の突風データベース」-「都道府県別の発生確認数」

寒い北海道と、暑い沖縄県が1位、2位になっていることから、竜巻の発生地域に気温は関係ないことがわかります。太平洋側と日本海側では、若干太平洋側のほうが竜巻の発生数は多くなっていますが、どちらのエリアでも竜巻は発生します。

竜巻が少ない都道府県ランキング

広告の後にも続きます

続いて竜巻の発生が少ない順に並べた都道府県ランキングです。少ない方から上位11位を、その気候や地理的な特徴とともにまとめました。

(参照:気象庁「竜巻等の突風データベース」―「都道府県別の発生確認数」

竜巻の少ない地域は、主に瀬戸内海や内陸です。

竜巻が多い地域と少ない地域、地域差が生じる理由

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル