top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『海猿』で活躍していた潜水士に憧れる。人命救助もおこなう水中作業従事者になるには

ホンシェルジュ

潜水士という職業は、名作ドラマ『海猿』で取り上げられたこともあり、海での人命救助が基本的な業務のイメージが強いですよね。海上保安庁で活躍する潜水士ももちろんいますが、それ以外にも建設企業、ダイビングスクールなどの場所でも潜水士は活躍しています。潜水士の国家資格は取得するだけならそこまで難易度は高くなく、誰でも受験することが可能です。専門的な技術が必要で、需要が高いことから収入が安定しているところも魅力のひとつです。本記事では、潜水士の仕事内容やなり方、試験の概要、収入まで詳しく解説しています。興味がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

潜水士とは

潜水士とは、読んで字のごとく、水に潜り海や水中でさまざまな業務をおこなう職業です。ただ水中に潜るだけでなく、水中での調査や撮影、時には救助活動をおこなうなど活躍場所は多岐にわたります。

本記事では、まず潜水士の仕事内容や働き場所をおさえていきましょう。

潜水士の仕事内容

潜水士は、水に潜りながらさまざまな仕事をおこないます。現場によって、水中に潜りながら建設作業をしたり、船舶の修理をしたり、撮影・調査をしたりするなど、陸よりも自由が利かない水中でさまざまな仕事をこなさなければなりません。

他にも、ダイビングインストラクターとして水中で利用者をサポートしたり、海上保安庁の潜水士として海難事故の救助にあたったりするなど、仕事内容は多岐に渡ります。

潜水士が活躍できる就職先とは

潜水士が活躍する場所は、一言で言うと水中で何らかの業務をする必要のある場所です。たとえば、水中工事をおこなう建設会社やダイビングを楽しめるアクティビティスポットなどがあげられるでしょう。

広告の後にも続きます

大別すると、主に3つに分けられます。

民間企業海上自衛隊海上保安庁フリーランス

海上自衛隊や海上保安庁、警察・消防の救助隊でも潜水士は活躍しています。海難事故にともなう救助や捜索などをおこない、事故や事件の解決をサポートします。

潜水士になるには。潜水士の国家資格取得が必須

潜水士になるには、潜水士の国家資格を取得する必要があります。潜水士資格と間違えやすいものとして、ダイビングスクールでもらえるCカードがありますが、こちらは潜水士の資格ではありません。

この章では、潜水士資格の概要を解説していきます。

誰でも受験可能。潜水士資格とは

潜水士資格は、危険度の高い空気圧縮機や手押しポンプを扱うことができる資格です。受験資格は特に定められていないため、年齢や性別、学歴などを問わず受験することができます。他の業界で仕事に取り組みながら転職のために資格を取得するということも可能です。

潜水士資格の試験内容

試験科目は、以下の4科目で、合計100点の筆記試験のみで合否が決定します。

潜水業務送気潜降および浮上高気圧障害関係法令
  • 1
  • 2

TOPICS