top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

46年ぶり皆既日食の日に若大将・原辰徳、51歳誕生日(2009年7月22日)

週刊ベースボールONLINE


同年春、WBCでも指揮を執った原監督



 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は7月22日だ。

 2009年7月22日というと、天体マニアなら皆既日食の言葉が出てくるだろう。
 日本の陸地で見られたのは、1963年以来46年ぶりであり、当時で、あと26年は見られないとあった。

「世界中が注目している日。そういう意味では印象に残る誕生日だね。自分がいまこうしていられるのも周りの人たちのお陰。感謝、感謝です」
 笑顔で語ったのが、当時の巨人・原辰徳監督。51歳の誕生日だった。

 この日の巨人は長野での横浜戦だったが、小笠原道大(2本)、亀井義行、阿部慎之助が夜空に祝砲を上げ、ゴンザレスが「生まれて初めて」という完投で6対2の勝利を飾った。

 なお、この日が前半戦のラストゲーム。巨人は50勝28敗7分で2位中日に2.5ゲーム差をつけ首位ターンした。
 巨人の首位ターンは、オールスターが始まった1951年以降で29度目、2002年以来7年ぶりだったが、6年連続首位ターンできなかったのは、巨人史上初だった。

 原監督は、同年春には、WBC日本代表監督として2大会連続の世界一を導き、巨人も3年連続リーグ優勝と日本一。

 確かに何かとツキのある年だった。
 

写真=BBM

TOPICS

ランキング

ジャンル