top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「一斗缶アイス、430缶余ってます」…その量およそ4万3000人前 弘 前の名物アイス店が悲鳴→店主に話を聞いた

Jタウンネット

青森県の弘前といえば、落ち着いた城下町の佇まいで知られ、旅人に人気が高い。

満開の桜を見ながら、弘前公園を歩いた経験を持つ読者も多いのではないか。

春から夏にかけて、弘前の町を散策すると、屋根つきの青いリヤカーを見かけた人もいるかもしれない。昔懐かしいアイスを売り歩く行商で、「カランカランアイス」と呼ばれている。

2021年5月10日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。

広告の後にも続きます

カランカランアイスの製造元である「藤田アイス店」の公式アカウント(@fujitaaisuten)の投稿だ。

投稿者の母親の「だって今年さくらまつりあるって言ったからぁあああ!!!」という悲鳴のような……つぶやきと共に、「一斗缶アイスが430缶余ってるそうです」というコメントも添えられている。

このツイートには、3万3000件を超える「いいね」が付けられ、いまも拡散中だ(5月12日夕現在)。

ツイッターにはこんな声が寄せられている。

「弘前城で食べたアイスか。 美味しかったのよね~」
「合浦公園(青森市)ではチリンチリンアイスでした。チリンチリンアイスが一斗缶で食べられるなんて憧れです」
「一斗缶アイスっていうパワーワード笑」
「一斗缶で食べてみたい!一缶買う!」
「しかし一人で食べたら凍死するよね?」

冒頭のツイートには、「母ちゃん張り切り過ぎました」と書かれているが、いったいどうしたのだろう? Jタウンネット記者は、藤田アイス店に電話で取材した。

桜祭りに、冷たい雨が降った、桜の花もなかった

5月11日、Jタウンネット記者の取材に応じたのは、「金正(カネショウ)藤田正紀商店」(旧藤田アイス店)代表の藤本レイ子さんだった。

「あのツイートを投稿したのは、東京に住んでいる娘です。私が困っているのを見るに見かねて、冷凍庫に積んである大量のアイスの写真を送れと言ってくれました。
スマホで撮って送ると、すぐにツイートしてくれたわけです。娘はときどきツイッターを手伝ってくれるので、本当に助かっています」(藤本レイ子さん)
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル