top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『珈琲いかがでしょう』第5話:中村倫也の人を殴る演技が話題に…狂気と官能に満ちた世界が広がっていました

Pouch[ポーチ]

『珈琲いかがでしょう』第5話:中村倫也の人を殴る演技が話題に…狂気と官能に満ちた世界が広がっていました

2021年5月3日にテレビ東京系で放送された新ドラマ『珈琲いかがでしょう』第5話。

主人公・青山(中村倫也さん)の壮絶な過去を描いた「ほるもん珈琲」と、青山を追い続ける謎の男・ぺい(磯村勇斗さん)のほろ苦い恋を描いた「初恋珈琲」の2話オムニバスで展開されました。

ネットで話題だったのは中村さんのギャップ演技!

死んだ目で人を殴り続ける(!)姿が狂気と官能に満ちていて、惹きつけられる人が続出していたんです。

【第5話あらすじ】

ついにぺいに捕まってしまった青山。

広告の後にも続きます

ぺいの話によると、青山はかつて「凄腕の清掃業(殺し屋)」をしていたものの、ある日出会った「コーヒーの神様」に魅せられ足を洗うことを決意。

お得意様をブチ殺し(!)、清掃業で稼いだお金を奪って、トンズラしたそうなんです。

上司の命令で青山を追っていたぺいでしたが、ぺいにとって青山は「アニキ」。

慕う気持ちは今も変わらないようで、なにかが書かれたメモを渡し、青山が襲ったように見せかけて(ナイフで自分の脚を刺す!)、そのまま逃がしたのです。

【なんでそんなに耽美なんですか…】

第5話で圧巻だったのは、中村さんのギャップ演技。

現在の青山は穏やか&癒やし系キャラですが、殺し屋をしていた頃の青山は狂気そのもの。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル