top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北村匠海、10年内の多角的ビジネスプランを披露「カレー屋もやりキャンプ場を経営し…」

TOKYO HEADLINE

 映画『東京リベンジャーズ』のイベントが10日、都内にて行われ主演・北村匠海をはじめ豪華キャスト10名と英勉監督が登壇。コロナ対策のためオンラインで一般参加者との質問タイムを楽しんだ。

 和久井健による大人気コミック「東京卍リベンジャーズ」の実写化。負け犬人生を送っていた主人公が、10年前にタイムリープし、殺された元恋人を救い、負け犬人生を変えるため仲間を作り奮闘する姿を描く。

 コロナによる撮影中断を乗り越えての完成を喜んだ面々。この日はオンラインで参加者とつながり質問タイムを実施。最初は、学生時代にやりたかったことはという質問。「バンドとかやってみたかった。もう少しオープンな遊びをしたかった」と回答した吉沢亮。登壇者たちから「どんな遊びをしていたの」と問われると「学校をさぼって喫茶店に行ってクラスメイトの悪口を言っていました。リア充としての遊びをしたかった」と回答し、登壇者からツッコミが続々。

 続いて、後悔しないように大きな決断をするにはどうしたら、という相談に、北村は「直観を信じること」と回答し、鈴木伸之は「自分がこれ好きだなと思うものを見つけてとことん追求することが大事だと思う」と真面目に回答しつつ「目をバキバキに見開くことが未来を切り開く!頑張れ!」と熱く激励。磯村勇斗は「後悔してもいい。後悔を恐れずに自分が本当に何をしたいか大事にして」とエールを贈った。

 

広告の後にも続きます

 最後に、10年後に何をしていると思うかと質問された北村は「間違いなくカレー屋さんをやっていると思う。カレーとコーヒーと古着が好きなので、土地を買って3分割して、それぞれ店を作って2週間に一度くらい区分をとりはらってライブをする。東京ではそれをやり、埼玉のほうでキャンプ場を経営しようかと」と具体的かつ明確なビジネスビジョンを披露。「とにかくいろいろなことをやりたい。カメラマンもやりたいし監督もやりたい、本も書きたいし。この10年のうちに全部やりたいと思っています」と宣言し、仲間たちを驚かせていた。

 この日の登壇者はキャストの北村匠海、山田裕貴、杉野遥亮、今田美桜、鈴木伸之、眞栄田郷敦、清水尋也、磯村勇斗、間宮祥太朗、吉沢亮と、英勉監督。

 映画『東京リベンジャーズ』は7月9日より公開。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル