top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Non¬Fiction[ライブレポート]カラフルな景色を描いたデビューライブ「これから始まる私たちの新しい物語を一緒に歩んでください」

Pop'n'Roll

“「筋書き通りに行かない毎日」「それこそがリアルでノンフィクション」”をコンセプトに、“貴方の愛した私はノンフィクションですか?”をキャッチコピーに誕生したNon¬Fiction。藤城なみ(元CoverGirls)、恋星はるか(元monogatari)、白桜里帆(元アキシブproject)、水瀬ぴあの(元FES☆TIVE)、永月十華(元ZOC)と、それぞれにアイドル経験を重ねてきたメンバーたちが集結。そんな彼女たちが、5月5日(水・祝)にTSUTAYA O-EASTにて無観客ライブ配信という形でデビュー単独公演<First edition>を開催した。本記事では、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

撮影:ポテ・ヤマムラ
取材&文:長澤智典

パワフルな歌声がフロア中に響き出した。ライブは、グループ名を冠した「NonFiction」から幕を開けた。エッジがある激しいEDMナンバーに乗せて、5人は舞台の上を軽やかに、美しくフォーメーションを描きながら舞い躍る。Aメロ&Bメロで秘めた気持ちを届けながら、サビで一気に感情をスパーク。Non¬Fictionの中にある攻めた感情を具現化した楽曲だ。メンバー1人ひとりの歌声にスポットが当たるのも嬉しい。何より、可愛い表情をしながらも強気な感情をぶつける姿が、嬉しいギャップとして心を打った。性急かつカラフルなビートの上で5人が見せたのは、愛らしくも甘えた姿。彼女たちは華やかな曲調と晴れた歌声を魅力に、「ふゅーちゃーちゅぅな〜!」を通して可愛らしさを伝えてきた。5人が舞台の上で無邪気に戯れながら交錯していくパフォーマンスに、胸がキュンとときめく。歌が進むごとに晴れた気持ちへ連れ出すポップでダンサブルな楽曲に刺激を受けて、身体も自然と揺れ出した。

2曲が終わった時点で、いきなりメンバーが“疲れたー”と言い出せば、永月十華が元気を出す踊りを見せるなど、楽屋で戯れているような姿を見せていく。最後にメンバー全員で“ミラクルダンスを躍りたい”と叫んだところで、楽曲は「ミラクルダンスを踊りたい」へ。曲間へ巧みに小芝居を挟み、Non¬Fictionはステージに色濃くドラマを映し出していった。冴えた展開もさることながら、華やかでトランシーな楽曲に触発され、身体がウズウズし出す。青春模様満載で無邪気にはしゃぐ彼女たちを見ていたら、その場で拳やペンラントを振りながら一緒に騒ぎたい気分に心が染まっていた。1曲ごと心を笑顔に変えていく、胸をワクワクさせる構成が素敵だ。

“今回は無観客生配信ライブになったんですけど、無事にデビューライブができてよかったね”と恋星はるかが挨拶。メンバー全員が無観客ライブは初めての経験。“今日は私たちがステージ上から熱量を伝えなきゃ”と、永月十華が熱い気持ちをぶつけたところで、次のブロックへ。

ここで披露したのは、YouTubeで公開されている「Honey Up RUSH!!」。とてもキラキラとした、眩しいくらいにカラフルでポップなアゲ曲だ。メンバーたちも、テンションのボリュームをさらにグイッと上に上げて、弾けた笑顔を浮かべて歌い躍っていた。5人の気持ちを1つにしたダンスパフォーマンスや、曲にシンクロするように愛らしい動きを見せる様が、観ている側の視線をグッと引き寄せる。いや、彼女たちと一緒に飛び跳ねながらはしゃぎたい気分だ。

続く「パラレルワルツ」で5人は、観ている人たちを遊園地のような胸躍る空間に呼び入れた。ここはパラレルでマジカルなワンダーランド。5人はまるで遊園地の中を飛び交う妖精のような愛らしい姿で歌い躍っていた。

永月十華の歌声を合図に始まったのが、「Only Beat」。このブロックでNon¬Fictionは、観ている人たちをキラキラと輝き放つ夢溢れるワンダーランドへ連れ出してくれた。どの曲も、ライブで触れたら、彼女たちと一緒に頭を空っぽにはしゃぎたくなるはずだ。夢と楽しいを詰め込んだブロックを通して、Non¬Fictionは胸ときめく歌を次々と届けてくれた。

“あっという間過ぎてヤバい”と言ったのは白桜里帆。このコーナーでは、デビュー発表までのことをいろいろと想い出しながら、ここに立っていることの実感と喜びを噛みしめるように語り合っていた。5人の仲を一気に深めたのが初の深夜レッスンだったことも、ここに伝えておこう。

広告の後にも続きます

ハネたリズムも印象的なのが、とてもゴージャズでジャジーな曲調の「トキメキGetCrazy」。まるでミュージカルの盛り上がるクライマックスの場面を観ているようだ。メンバーたちと一緒に、アガッた気持ちのまま、ともに踊りはしゃぎたくなる。とても見せ場の多い歌だ。5人が心ひとつに歌い躍る様が眩しくも楽しそうで、一緒にその世界へ飛びこみたい。

その華やかさを反転するように、「レイトショー」に乗せて、5人は切なく揺らめく気持ちを届けてきた。笑顔に満ちた明るい表情も魅力だが、少し感情を抑えながら内なる気持ちを伝えていく姿もNon¬Fictionの魅力の1つと実感。しっとりそうに見せて、サウンドの情報量はかなり多いように、5人の憂いを持った歌声に心を引き寄せられつつも、身体を揺らさずにはいられなかった。

“これから始まる私たちの新しい物語を一緒に歩んでください”という恋星はるかの言葉を合図に、Non¬Fictionが最後に届けたのが「Palette」。彼女たちの未来へ向かう気持ちを投影したこの曲で、5人はここから新しい物語が始まる期待と胸騒ぐ喜びを、カラフルな5色の歌のクレヨンで舞台の上に描き出していった。どの歌声も暖色系の温かい綺麗な色を持っている。その5人の歌のクレヨンがカンバスの上で1つに混じり合った時、そこには輝き放つ新たな色が生まれていた。

Non¬Fictionが立っているのは、とても大きな真っ白なキャンバスだ。でもこの日、華やかな色と輝きを放つ色と文字でそこへ最初の物語を確かに描いていた。その物語を、どんな風に広げていくのか、これからが楽しみだ。

Non¬Fiction<First edition>TSUTAYA O-EAST(2021年5月5日)

最後に、ステージで述べたメンバーたちの感想の言葉を記す。

恋星はるか:
またこうやってみんなの前に戻ってこれました。無観客ライブ配信というデビューにはなってしまったけど、これから会える機会もあるので、Non¬Fictionに会いに来てくれると嬉しいです。

恋星はるか<First edition>TSUTAYA O-EAST(2021年5月5日)

白桜里帆:
こういったご時世で無観客ライブ配信という形になってしまったんですけど。私たちの物語はこれから始まっていくだけなので、みなさんついて来てくれたら嬉しいです。みなさんと会えるのを楽しみにしてるので、みなさんずっと私たちについて来てください。

白桜里帆<First edition>TSUTAYA O-EAST(2021年5月5日)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル