top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

真田ナオキ、FC限定配信ライブ開催「これからも命がけで歌い続ける」

全日本歌謡情報センター


昨年末「第62回日本レコード大賞」最優秀新人賞を受賞したテイチクの真田ナオキが、5月4日に表参道GROUNDで、ファンクラブ限定の有料配信ライブを行った。

新型ウイルスの影響で活動が制限されている中、おうちにいながらファンも楽しんで参加できる様々な企画を自身でプロデュースし発信し続けている真田ナオキ。今回は、ピアニストの増田ユウキとのアコースティックライブで、じっくり歌を聴かせるコンセプトのもと、RCサクセションを代表する名バラード「スローバラード」を初披露するなど、感情に直結したボーカルでファンを魅了した。



広告の後にも続きます


自分の挑戦する姿を見せたかったという真田。この日のために用意したセットリストの半数が初披露楽曲だった。ポップスから歌謡曲と幅広いレパートリーでファンを楽しませ、全19曲を熱唱した。ライブ終了後は、「とにかく楽しかったです。明日がもっといい日になるように、そんな思いを込めて普段は自分がチャレンジしたことのない曲やジャンルに挑戦しました。大変な日々が続いていますが、僕は、これからも歌うことを命がけで続けていきます。今、改めてスタッフの支えとファンの皆様のありがたみを強く感じています」と感謝を語った。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル