top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

池江璃花子に「五輪を辞退して」の声 加藤浩次の『コメント』が、ごもっとも

grape [グレイプ]

2021年7月23日に開幕予定の東京五輪。

新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行が収まらない中での開催について、国内外で賛否の声が上がっています。

同年5月7日に、競泳の池江璃花子(いけえ・りかこ)選手は、自身のSNSに「辞退して」「開催について反対の声を上げてほしい」といったメッセージが寄せられていることを明かしました。

「五輪中止させて」の声に、池江璃花子が持論を展開 内容に40万いいね

池江選手はそういった声に対し、Twitterを通してアスリートの1人としての持論を展開しています。

広告の後にも続きます

池江選手の投稿は波紋を呼び、国内にいる複数のアスリートたちが同様のコメントを発表。一連の出来事に対する報道は、海外メディアでも取り上げられています。

加藤浩次「選手にいうことじゃない」

同月10日に放送された情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、池江選手が発表したコメントについて特集。

番組に出演していた、元競泳選手でスポーツジャーナリストの松田丈志さんは、池江選手の投稿について、こう意見を述べました。

本当に素晴らしいコメントを出してくれたなっていう風に思うんですけれども、今回の件でいうとSNSで池江選手にダイレクトメッセージなどで連絡をして、要は「反対の声を上げてほしい」っていってるわけですよ。

それって、やはり池江選手は病気から奇跡的な回復をして代表権を獲得して、今回のオリンピックはやはり印象付ける選手の1人だと思うんですね。

そういう選手の影響力を使って、ある意味開催してほしくない人たちが、自分たちの声を拡大して伝えてほしいっていうことですから、それ自体は本当によくないことだなと思いますし。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル