top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本国内メーカーで、旧車パーツの再販売やリフレッシュ制度が続々開始に!

イキクル

最近各メーカーでは、自社が販売したモデルパーツの再製造・販売や車ごとリフレッシュできる制度が展開されています。各メーカーの古いモデルの中には、プレミアがついていたりヘリテージとして貴重になったりしているモデルも多く存在します。

各メーカーもこの貴重なモデルを末永くユーザーが乗れるように、一旦製造中止になったパーツを再販売することや、車全体をメーカーセンターにてリフレッシュできる取り組みが行われ始めています。じつは最近始まったメーカーから、少し前からこういった仕組みのあるメーカーで車種を増やしたりしていそうです。

ここでは、各メーカーの旧車対応のお話などをしていきます。

■①マツダ

引用:https://newsroom.mazda.com/ja/publicity/release/2020/202012/201217b.html

マツダは、2代目「サバンナRX-7」(1985年から1992年まで生産)のFCモデルと3代目「RX-7」(1991年から2002年まで生産)おFDモデルにおいて、ロータリーエンジン車を得意とする整備やカスタム会社との協議を行い、今後も必要であると判断したパーツの供給再開をする決定をしました。

広告の後にも続きます

現在も供給が継続されているパーツは継続提供し、2代目モデルでは30点、3代目では61点分の復刻パーツを2021年2月までに販売開始することとなりました。復刻パーツは、マツダグループ販売店・部品販売会社を通じて購入できます。

引用:https://www.mazda.co.jp/carlife/classicmazda/

復刻パーツ販売の追加設定を行ったことで、「CLASSIC MAZDA」のホームページも更新されています。同ホームページは、新しいクルマはもちろんですが、古いクルマも末永くユーザーが大切にできる仕組みや社会貢献をしていくという考えから立ち上げられています。

初代「ロードスター」のレストアサービスは、従前から行われている制度です。今後RX-7に関しても復刻パーツの情報だけでなくレストアサービスも設定される可能性があります。

■②日産

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル