top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

滋賀学園vs水口東

高校野球ドットコム

滋賀学園が3位で近畿大会出場を決める

7回を無失点に抑えた滋賀学園先発の阿字悠真

 滋賀学園が水口東にコールド勝ちして、近畿大会の切符を掴んだ。

 滋賀学園の先発は絶対的エースの阿字 悠真(3年)。前日の準決勝では登板せず、休養十分でこの試合に臨んだ。阿字は1回、2回と得点圏に走者を背負うが、いずれも三振で切り抜け、先制点を与えない。

 すると3回裏、二死二、三塁のチャンスを作ると、5番・伊藤 航太(3年)が中前2点適時打を放ち、滋賀学園が先制点を上がる。

 リードを貰った阿字はストレート、変化球ともに冴え渡り、3回以降は一人の走者も許さない完璧なピッチングを見せる。5回裏には8番・山田 一晴(2年)の中前2点適時打などで4点を追加し、滋賀学園が試合の主導権を握った。

 流れを変えたい水口東は7回裏、大会を通じて好投を続けてきた先発の小林 蓮也(3年)に代えて、右下手投げの棚橋 望成(3年)をマウンドに送るが、四球と安打で二死一、二塁とされると、3番手の田中 太陽(3年)にスイッチ。田中は1番・落合 克己(3年)に四球を与えて満塁とピンチを広げてしまう。コールド負けを阻止するためにも何とか踏ん張りたかったが、2番・川東 青磨(2年)がレフトオーバーの安打を放ち、コールドゲームが成立。滋賀学園が3位で近畿大会出場を決めた。

広告の後にも続きます

 意外なことに滋賀学園が春の近畿大会に出場するのはこれが初めて。昨秋は近畿大会1回戦で優勝した智辯学園に延長戦で逆転サヨナラ負けを喫しているが、そのリベンジとなるだろうか。阿字が本来の投球ができれば、近畿の強豪校とも互角以上の戦いができるはず。地元開催に近畿大会で躍進に期待したい。

 コールド負けに終わった水口東だが、秋は初戦敗退に終わったことを考えれば、4位という結果は大健闘だろう。右横手投げのエース・小林を中心に手堅い野球を展開。夏に向けて自信がついたことだろう。昨夏の準優勝を超えることができるだろうか。

(取材=馬場 遼)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル